50代「今のシルエット」が似合わない!

昨日は、教える系のお仕事で休み明け初登校。10日振りで頭ボケボケな学生たちでしたが、もっとボケてたのはセンセイのほう。パワポでつくった教材を見せようとしたら、なぜか保存に失敗していて昨年版を映し出しちゃうし、配布資料の数を間違えるし、おもしろいことを言ったつもりなのに学生無反応とか(これは別の問題ですが)、いやはや。
コーデは、ジャケットを着たい気分だったので。

白デニムとジャケット

◆ジャケット/United arrows → この日と同じ
◆トップス/コットンニット 大昔のもの
◆パンツ/ユニクロ ハイライズシガレットジーンズ → この日やこの日と同じ
◆靴/ ELLE → この日と同じ
強敵!ホワイトボードマーカー
長め大きめのジャケットに、ストレートデニム。授業日はストレートデニムかPLSTなどのケアが楽で比較的リーズナブルなパンツかに限られます。というのも、ホワイトボードマーカーでどうしても汚してしまうから。かなり板書するし、書いてないときはフタを開けたまま手に持っていることが多いので、膝からお腹のあたりまでにどうしても触れてしまうのです。(授業中はジャケットは脱ぎます)
ホワイトマーカーって油性なので、汚すとちょっと面倒。で、このユニクロのデニムは授業日の制服のようになっています。白デニムはストレートなら、上半身に着るもの次第できちんと見せも可能なので便利ですねー。同じ理由で黒デニムも。
ズドンとした「今のシルエット」が似合わない
とはいえ、今季は、上も下もゆるゆる、長め長めでズドンとしたシルエットをつくるのがお約束。パンツはもっとゆるいシルエットのほうが今っぽいのでしょうねー。スタイルが悪く見えようが、「今のシルエット」とされているものを着た方が、てっとりばやくおしゃれに見えるのは確かだしなあ。
でも、ジャケットでつくるゆるゆるシルエットって難しくないですか? 下はブログを始める前、昨年の今ごろの授業日の写真。
失敗コーデ
いろんなところで失敗していて、以来このジャケットは細身ストレートパンツとしか合わせていません。パンツがダメならスカートは?ということでロングスカートとも組み合わせてみたのですが、スカートだろうとパンツだろうともっさり。体型的に無理?年齢的に無理? いずれにせよ、「無理にジャケットとあわせなくてもいいのに」という残念な感じのコーデになってしまうのですよ。
「背を高く見せる」という私が長年追い求めてきた命題と、トレンドが完全に相反してしまっているため、悩ましいったらありゃしない。
先日こちらに、年齢をかさねると「似合うもの」と「好きで着たいもの」の乖離がどんどん進んでいくよー、てなことを書きました。ところが、今季は「好きで着たいもの」と「おしゃれに見えるもの」との間にも大きな開きがあるというわけ。うーん、この構図で「好きで着たいもの」に突っ走ると、似合わないものを着ているダサい人になりますな。
どうも私には「スタイルが悪く見えようが、今年はこれでしょ!」という心意気が決定的に欠けているようです。おしゃれになれない最大の理由はそこにありそう。
苦手なものを無理に着る必要はないけれど、古くさーい感じに見えるのはやはり避けたいし、と悩めるアラカンなのでした。
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの簡単な自己紹介はこちら。
またお立ち寄りいただけたらとてもうれしいです!