結局私はどう見られたいのか?

昨日は、午前中一コマだけ授業があり、夕方からは、お話を「聴く系」の仕事。そんな日のコーデです。
一昨日の失敗コーデもありまして、今日こそは「センセイらしく」あらねばと思い、一昨日とは打って変わったいでたちに。暖かかったのでアウターはユニクロUのブロックテックトレンチにしました。


画像見れば一目瞭然、足元はスニーカーでハズすべきでしたねー。もっちろん、それは頭をかすめたのですが、一昨日スニーカーに履き替えたばかりに失敗しているので、「いやいや、まてよ」と自重。結局、鉄板のショートブーツにしてしまいました。
なんかやることがちぐはぐだなあ、まあ、それが現在のワタクシだということなのでしょう。

何気なく昨日のブログで「センセイらしさ」などという言葉を使ってからふと考えるのは、私は学生からどう見られたいのかな? ということ。
私は地声が大きく、教室を動き回る授業スタイルのためか、「元気でアグレッシブな」印象を与えるようです。学生からの評価シートにもそれに近い記述が目立つので、たぶんそうなんだと思う。でもこれだと、おとなしくて内向的な学生には気後れさせちゃいますよね。
それもあって、授業のある日のコーデを考えるときになーんとなく気をつけているのは、どこかに「優しさ」「穏やかさ」を感じさせることです。
つまり、「優しく穏やかな人」でありたいのが私なのだな、でもそれは無い物ねだりっぽいぞ。

古い話になりますが、哲学者の鷲田清一先生が、著作(『モードの迷宮』か『ちぐはぐな身体』のどちらかだったと思います。あとで調べて加筆修正します)のなかで「ファッションとは見る人の意識をコントロールするためのものである」(文言違うかもしれませんが、こんな内容)と、おっしゃっていました。

つまり、無い物ねだりであるならばよけい、なりたいイメージをファッションを使って補完する必要があるというわけですな(曲解気味)。
手っ取り早いのはスカートを履くことでしょうかね。「女性=やさしい」とはまったくもって言い切れませんが、すりこまれたイメージの世界は強いので、まだまだスカートの力を借りることはできそう。
そして、だからこそ、一昨日のようにカジュアルなパンツを履くときは、女性にしか履けないパンプスでバランスをとるべきだったのですが、うっかりスニーカーを履いた結果、撃沈してしまったという、ね。なんとわかりやすい(笑)

鷲田先生は、「他人の眼に映るじぶん、それへの関心を失うとき、人はおそらくじぶんへの関心をも失う」(『てつがくを着て、まちを歩こう。』)ともおっしゃっています。実は、この言葉、私がこのブログを立ち上げた理由(→わたしのこと に書きました)の根底の部分を支えています。とりとめのない自己紹介ですが、ご興味あったら読んでいただければ(無駄に長いので、適当に端折ってくださいねー)

◆トップス/ H2O→ この日と同じ
◆スカート/ Doux archives
◆アウター/ ユニクロU ブロックテックトレンチコート→この日と同じ
◆靴/ 大昔のもの 詳細不明

思いっきり余談ですが、このトップス、Vネックの開きが広すぎてうまく着こなせなかったのですが、乾燥機をかけて縮めるという荒療治の結果、数ミリ縮めることに成功しました。めでたしめでたし

お読みいただきありがとうございました。

こちらで楽天で買える愛用品を紹介しています。

ランキングに参加しています。よろしかったら下の2つのタグをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

 

50代「若見え」の呪縛

ブラウンやキャメル、ベージュを使ったコーデが大好きな私ですが、トップスにこれらの色を持ってくるのがかなり難しくなってきました。もちろんアクセサリーや巻物で工夫すればよいのですが、いわゆる「顔映り」を考えると、トップスはやはり白っぽいほうが断然いいのですよね。ベージュのトップスより白のトップスのほうが、顔は明るく、そして、若く見える。
で、昨日は、キャメルベージュのパンツの上に、何色のトップスを着るかで悩み、結局アイボリーのニットに。


◆ニット/titivate タートルドルマンニット
◆パンツ/PLST ウォームリザーブワイドパンツ→この日この日と同じ
◆アウター/ United arrows→この日この日と同じ
◆靴/ 大昔のレースアップブーツ 詳細不明

いつもの、あいかわらずな、コーデになってしまいました。「顔映りのよさ」が一瞬でも頭をかすめたら最後、絶対トップスは白系になってしまう。でも、なんだかそれってつまらなくないかい?と思うわけです。
「顔映りのいい色=若く見える色」これは確かに言えそうです。でも「顔映りのよくない色=似合わない色」とは必ずしも言えない気がする。若くは見えないけど、年齢相応だけど、でも似合う色、ってあるんじゃないかと。
それに、好きな色が顔映りのよくない色ということもありますよね。私の場合、若いころ好きでよく着ていた、グレージュなどのニュアンスカラーやチョコレートブラウンなどがそれに当たります。ここ数年、このあたりの色のトップスは避けることが多くなっていて、手が伸びるのは白っぽいものばっかり。

実は昨日、トップスを選ぶとき、この3色買いしたタートルドルマンニットを、着比べてみたのです。結果、いちばん顔映りのよいアイボリーを選んでしまいました。
「女は少しでも若い方がよい、顔は明るく輝いていた方がよい」―――
これ、どこぞのおやじの言葉じゃないですよ、私の内なる声。
どちらかといえば私は、エイジング容認派だったはずなのですが、それでも知らず知らずのうちにからめとられてる「若見え」の呪縛。恐ろしいですねー。

写真撮り忘れたので、以前撮った写真になりますが、着比べたのは下の3色です。顔なし画像では、顔映りわかりませんねー(笑)。首の上についているのは、ごくごく標準的なアラカンの顔であります。

似合う色は、1枚目のキャメルのような気がします。自分でもこれがいちばん私らしいと思う。好きな色は2枚目の赤。赤は着ると元気が出る私のラッキーカラー。仕事で勝負をかけるときは、必ず赤いものを何か身につけるようにしています。でも「顔映り」だけを考えたらやはりどう見てもアイボリーになるんですよねー。
それで登場回数最多はアイボリーなのですが、なんだかなあ。
たとえば、2枚目のチェックのパンツ、私的には絶対赤のニットと組み合わせたい。若く見えるにこしたことはないけれど、それより好きを優先したほうが断然満足感高いので。てなことがわかっているのに、アイボリーに手が出てしまうのが今の私!?

うーん、そろそろ、「若見え」の呪縛から自分を解き放つ時期なのもしれません。「いつまでも若くて素敵」よりも「年齢相応で素敵」を目指したほうが楽しそうだしなー。

というのも、私自身、数年前に「これ着ると痛いオバサンだと思われちゃう」の呪縛からなぜかいきなり解放されて(開き直りとも言う)着る楽しみが倍増した経験があるのです。(あ、でも家族で出かけるときや夫と過ごすときなどは、いいお母様、奥様見えするようにはしています。それはそれでコスプレ感覚で)

これを言っちゃあ、ミもフタもありませんが、見た目の若さも大切だけど、頭と感覚の若さはもっと大切。抗うべきところは抗いつつ、自分なりに受け入れてもいいところを見つけていくのも上手な生き方かもしれませんねー。

お読みいただきありがとうございました。

こちらで楽天で買える愛用品を紹介しています。

ランキングに参加しています。よろしかったら下の2つのタグをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

 

雪の日セットを決めておけば安心

外出する日の天気予報が雪。あせりますよねー。とくに困るのは外は雪だけど、そこそこきちんと見える服で仕事をしなくてはならないとき。そんなときのために私は雪の日セットを用意してあります。雪の降り具合によって靴をスノーブーツに変更することはあるけれど、東京の雪ならだいたいこの恰好でOK。札幌出張も大雪でなければこれで行きます。

一枚目がキレイめバージョン。着物の帯みたいなしっかりした光沢のあるジャカード織りのパンツ。ジャケット風ニットと合わせてきちんと見えを狙ってます。訪問先が堅めの企業でお相手がスーツを着て出てくる場合などに着用。先方に到着したら、パンツの裾はブーツの外に出します。
2枚目はややカジュアルバージョン。ゆるっとしたコーデュロイのパンツでカジュアルに転んでるところを、ジャケット風でちょっとオフィス仕様に振った感じです。
アウターは、雪の降り具合によって、防水バリバリのフード付きロングダウンか、同じく防水バリバリの黒ロングダウン+ニット帽。

さてさて、いい仕事しているのがこのジャケット風カーディガン。暖かいし、ダウンの下に楽勝で着られるし、いちおうジャケット見えするのできちんと感あるしで、これさえあればなんとかなる!!
別に雪の日専用ではないのですが、防寒+実用の両面を満たしているので、1着持っていると頼れます。

下に並べてみると古いものばかり。このセットで3シーズン目。都心の雪も毎年数回ある札幌出張も今のところ問題なしです。

◆羽織/マルティニーク ミックスニットジャケット風カーディガン(2017年)
◆トップス/ ユニクロ カシミヤタートルネック
◆パンツ1/ディノス ダーマコレクション ジャカードテパートパンツ(2017年)
◆パンツ2/BEAMS コーデュロイタックパンツ (2017年)
◆靴/ バニティービューティ インヒールブーツ(2017年)

 

お読みいただきありがとうございます。

こちらで楽天で買える愛用品を紹介しています。

ランキングに参加しています。よろしかったら下の2つのタグをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

50代小柄小胸が深Vネックを着るには?アラカンが着るユニクロ12

大人の女性には、Vネックがおすすめだという記事、よく見かけますよね。確かにその通り、デコルテをきれいに見せてくれる深めのVネックは、それだけで女性らしさを演出してくれる優れもの。
で、もう十分以上に大人の女性のワタクシ、Vネックニットを何枚も所有しているのですが、これがうまく着こなせません。
理由はよーくわかっています。肩幅が狭く、体が薄く、小柄で小胸の私には、どれを着てもVの開きが深すぎるのです。かがんだら中身が丸見え、正面向いているとみぞおち近くまでのぞいてしまう。
下の画像「極盛」と名付けられた下着を付け(どこが極盛り?)、その上に深めVネックのあったかインナーを着ているのですが、これだけだと体を動かすとインナーが見えてしまうんですね。それであわててTシャツを重ね、ようやくニットを着ました!の図です。


ほんの数年前までは、キャミソールを見せて着るのが普通だったので、問題なく深めVネックが着られたのですが。今年はやっぱり下のキャミやTシャツは見せちゃだめですかね? 中身が見えるよりマシかと思いますが。うーん、でも客観的に見て、V字を水平に横切る線が邪魔。思いきり後ろに引っ張って、抜き襟気味にすれば、一瞬いい感じになるのですが、動けばすぐに前が落ちてきてしまいます。

なら、浅めVを着ればいいかというとこれも違う。下の画像は、エクストラファインメリノのVネック。「Vのアキが浅い」という理由でメンズXSを着ています。実用的で愛用していますが、女性っぽさという点では‥‥。なので、これだけで過ごすことはまずなく、上にグルグルストールを巻くのがデフォルト。

実は私の人生にも、2度だけ巨乳だった時期がありまして(2人の子どもの授乳期です)、さすがに、夢よ、もう一度、とは思いませんが。素敵に深いVネックを着こなされている方がうらやましいなー。

◆黄色いニット/ H2O
◆デニム/ red card synchronicity→ この日と同じ
◆焦げ茶のニット/ ユニクロ エクストラファインメリノ メンズXS
◆パンツ/ ユニクロU コットンストレートパンツ→ この日と同じ
◆ストール/ ディノス ウールシルクカシミヤプリントストール(2017年)→この日と同じ
◆靴/ ソフィアコレクション(2016年)→ この日と同じ

お読みいただきありがとうございます。

こちらで楽天で買える愛用品を紹介しています。

ランキングに参加しています。よろしかったら下の2つのタグをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

誰にも会わない日に何を着るか アラカンが着るユニクロ3

昨日はほぼ一日中事務所にこもって集中作業の日。ユニクロのコットンストレートパンツとエクストラファインメリノという安定のお仕事着を着用しました。いくつか締切が重なり、睡眠時間削っての集中作業中ゆえ、放っておくといつのまにか夢のなかへ(笑)。寝てる場合じゃないので、エアコンの設定温度をギリギリまで下げて、GUのベストを羽織りました。回らぬ頭をクールダウンして少しでも覚醒させようという魂胆です。


終日事務所仕事で、来客や外出の予定がないとき何を着るか? これ、個人事務所を立ち上げて20数年になる私の永遠の課題でした。
スウェットの上下みたいないわゆる部屋着で過ごしていた時期もあるし、毛玉が目立つニットなど外に着ていけなくなった服を「おろして」いた時期もあります。何を血迷ったかすんごくお高いシルクのパジャマを数点そろえて着回していたことも。「誰にも会わない日こそ、上質で着心地よく自分らしいものを着用すべきよ!」というとあるおしゃれさんの言葉に感化され、「作業用おしゃれ着」(?)みたいなものを揃えていた時期もありましたねえ。

事務所で私が行うことは、パソコンでの調べもの、電話取材、読む、書く、考える‥‥。まあ、体をしめつけたり、肩が凝ったり、袖口に装飾があったりするものでなければ、何を着ていてもかまわないのです、作業的には。
ただ、職住超近接(事務所は自宅併設)ゆえ、下手すると一日中仕事をしてしまう、もしくは、一日中仕事もせずにダラダラすごしてしまう、危険があるわけでして。その意味では、お仕事モードへと気分を切り替える役目が事務所作業服には必要なのかなー、と気づいたのが何年前だったかな。
で、それ以来、一日中事務所にこもりきりの日であっても、いちおう自分のなかでのお仕事着を着るようになりました。いちおうのお仕事着というのは、急きょ、最寄り駅付近のカフェで打ち合わせ、みたいなことになっても、巻物や靴をちょこっと工夫すればそのまま出かけられる程度の服装です。

昨日の服装はその典型です。昨日も1度外出しましたが、ドアツードアで車移動だったため、ストールを巻いて靴を履き替えただけでGO!。画像で唐突に黄色いパンプスを履いているのは、そのためです(笑)。でも、茶系のショートブーツのかなにかのほうがよかったですねー、ストールのチェックの一色を拾って黄色のパンプスにしたのですが、企画倒れであります。季節的に寒々しいので大失敗。事務所内ではこの季節、素足にファーモカシンでぬくぬく。なので突差に判断するとこういう間違いを犯してしまいます。


◆ニット/ ユニクロ エクストラファインメリノVネック ダークブラウン メンズXS →ほかのコーデ画像はこちら
◆パンツ/ユニクロU コットンストレートパンツ ブラウンー→ ほかのコーデ画像はこちら
◆ベスト/ GU 中綿ベスト ブラウン(2017年)→ ほかのコーデ画像はこちら
◆ストール/ ロキャロン 大判薄手ストール ストラサーン
◆靴/ サルース ポインテッドセパレートパンプス (2017年)

ストールはこちら。2柄もっていてヘビロテ中。

お読みいただきありがとうございます。

こちらで楽天で買える愛用品を紹介しています。

ランキングに参加しています。よろしかったら下の2つのタグをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ