ビッグシャツをどう着こなす? アラカンが着るユニクロ44

教える系のお仕事だった今日、リネンワイドパンツをゆるっと着たい気分だったので、コットンのビッグシャツと合わせてベージュのワントーンにしてみました。ホントはボタンをもうひとつふたつ開け、抜き襟で着こなしたいところ。

リネンワイドパンツごビッグシャツビッグシャツとワイドパンツ

◆トップス/ディノス コットンサテン光沢シャツ → この日と同じ
◆パンツ/ユニクロ ベルテッドリネンコットンワイドストレートパンツ 
◆サンダル/ vanitybeauty アンクルストラップサンダル
◆ストール/macocca 大判無地ストール → この日と色違い
ただ着ているだけではダメ
ううう、失敗。「着こなす」ことが大切だってことがよくわかります。ビッグシルエットのシャツを、ボタンも開けず、抜き襟もせず、ただマジメに着ているだけでは、おもしろくもなんともない、というより、シャツが中途半端に大きいためか、だらしがなく見えますねー。サイズが合わないものを着ちゃった人になっちゃう。
とは言っても、授業中、抜き襟? やってらんねーよ、が本音。教室中を動き回り、ホワイトボードに向かって背伸びしたり、プロジェクターの設定でかがんだり‥‥。3コマ連続授業なのですが、抜き襟をキープできるのは1コマ目の半ばあたりまででしょう。
つまり、授業の日に、ゆるっとした感じで行こう、としたのがそもそもの間違い。で、帰宅後、シャツの裾を全部インしてみたのがこちら。
ビッグシャツをきちんと着る
リラックス感はなくなるけど、教える系のお仕事日は、こちらのほうが現実的。
リネンパンツを使った上下ゆるゆるのリラックスコーデ、のイメージでしたが、着ているだけではそうはならず、「着こなす」ことが大切だと改めて思い知らされました。こんな日もあるよね。
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの簡単な自己紹介はこちら。
またお立ち寄りいただけたらとてもうれしいです!