50代、後ろ姿にご用心

日中残務整理をこなして、夕方から夫と家飲み。このところ深夜帰宅が続いていた夫と久し振りにゆっくり話をしました。そんな日のゆるーいコーデ。

レースマキシスカートマキシロングスカート

◆トップス/ユニクロ ドレープブラウス
◆スカート/plst レースプリーツマキシスカート
◆サンダル/ vanitybeauty バックストラップフラットサンダル→この日と同じ
リモコンで撮った後ろ姿に愕然
これまで、こちらにアップする写真は、狭い玄関で鏡に映る姿を写していたのですが、ここ数日屋外でリモコン撮影してみたのですよ。そしたら、なんとまあ、アラの目立つこと目立つこと。
足を斜めにクロスさせて、あるいは横を向きカメラをなるべく下に構えて煽り気味に‥‥、と足が少しでも長く、背が1cmでも高く見えるよう撮った写真と比べると、リモコン写真はなんとも無防備。丸くなった背中も、年齢を如実に表す肘も容赦せず映し出してしまいます(>_<)
んで、本日愕然としたのが、後ろから撮影した下の写真。トップスをインしようか外に出そうか迷って、結局インしたのですが、その決め手になったのが、このアウトしたときの後ろ姿です。
失敗コーデトップスをインすると
後ろから見たら「どすこい」!
オーバーサイズのシャツって、前や横からみると肩の落ちたゆるっとした抜け感が素敵ですが、後ろから見ると、肩のあたりが異様にふくらんで丸さが強調され、ウエストの位置が不明のままヒップまでズドーンとつながってしまい、どすこい、という感じ。「THEおばさん」ですよ、まさに。姿勢もいけないのでしょうね。背中が丸くなってくる世代なのだからよけい、姿勢に気をつけないといけないのに( ̄0 ̄)。
前からの姿だけ見比べて「インとアウトどっちがいいかな」なんて言ってる場合じゃないですねー。わたくし的には、後ろからみれば「ウエストイン」一択です。
ウエストイン にも問題あり
とはいえ、ウエストインには問題点も。トップスを着たあと\(^o^)/をして、トップスにゆとりを持たせウエストのゴムを隠しているつもりでしたが、見えてますねえ、後ろに至ってはモロ見え。ウエスト総ゴムあるいは後ろだけゴムの安直なつくりのスカートは、プチプラなので喜んで着てきましたが、ウエストインで着るとなると、50代にはちょっと厳しいかな。
それから、ウエストインアウトに関わらず、もうひとつ気になったのは肘。年齢が如実に現れる「膝」が悩みの種でしたが、後ろからみたときの「肘」!これも要注意ですねー。五分袖ブラウスって、チラチラ肘が見え隠れするので、よけい年季の入った肘が強調されてしまう気がします。
いずれにしても50代は、後ろ姿にご用心!
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの簡単な自己紹介はこちら。
またお立ち寄りいただけたらとてもうれしいです!