カジュアルパンツをお仕事仕様に

昨日は、午前中事務所作業、午後から「聴く」系の外仕事。いつものワークパンツをお仕事仕様で着てみました。大好きなキャメル~ベージュ~マスタードがかったブラウンというちょっと幅のあるワントーンです。ストールがあれば、シャツ一枚でアウターは必要なし、一番過ごしやすい季節ですねー。

ワークパンツにストールワークパンツをお仕事仕様で

◆トップス/ディノス コットンサテン光沢ビッグシャツ(2017)
◆パンツ/スピック&スパン コンパクトチノベイカー(2018)→この日と色違い
◆巻物/macocca 大判無地ストール(2017)→ この日と色違い
◆靴/SESTO レオパード柄パンプス(2017)→この日と同じ
 シャツとパンプスでワークパンツをキレイ目に
 お仕事仕様にするために、ニットやカットソーではなく襟の付いたシャツを着用しました。このシャツはディノスのもので、コットンサテンでほどよく光沢があるお気に入りの1枚。顔をくすませがちなベージュですが、光沢感があると50代の肌でもなんとかいけます。色艶光、大切なのはこれでしょうね。年齢を重ねて肌が元気を失ってきたら、色艶光の力を借りなくては。
パンツは、とにかく足が長く背が高く見える魔法のパンツ。カーキも持っていてオールシーズン着回し中。丈は長めが好きなのでこの長さがベストですが、ロールアップしてフラットシューズでも。
ストールはいつもの大判無地ストール。こちらも少し光沢がある華やかなキャメル。夕方からの寒さ対策ですが、巻いた方がやらわかい感じになりますね。
パンプスは、はっきり写っていませんが、茶色、黒、ベージュに赤や緑なども入った多色使いのレオパード柄。昨日の記事にも書きましたが、マルチカラーの靴は使い勝手がいいです。
パンプスの下にはこちらの極浅タイプのフットカバーを履いています。これ脱げません。おすすめ。→ アウトレットシューズ フットカバー

髪型変えました

今までショートボブで気に入っていたのですが、先日サロンで美容師さんと話をしているうちに突然思い立ち、発作的にスタイルチェンジ。後頭部から思い切り段を入れて後ろはほとんど刈り上げんばかりに短くしました。現在はこんな感じです。

ヘアはショートカットで

そのときに、ヘアアイロンをポイント使いして、(最近めっきりボリュームダウンして寂しくなってきた)分け目を、目立たせないスタイリングの方法を美容師さんに教えてもらいました。で、自分でその通りにやったつもりでしたが、分け目くっきりですねー。だめだなあ。こちらは練習が必要のようです。

お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。

またお立ち寄りいただけたらとってもうれしいです!