どうする?冬から春へのスイッチコーデ アラカンが着るUNIQLO154

気分は春なのだけれど、まだ2月。朝晩は冷え込むため油断はできませんね。コートは着たくないんだけど、寒いのはイヤだわ。というわけでこの日は厚手のジャケットをコートがわりに着用。冬から春へのスイッチコーデでお仕事へ。

チェックパンツに黒ジャケット

◆トップス/ユニクロU メリノブレンドクルーネックセーター 白 M(2018)
◆パンツ/ユニクロ ビューティフルピープルとのコラボ コットンチェックパンツ (2012)
◆ジャケット/ディノス 厚手のウールストレッチジャケット 黒(10年以上前のもの)
◆つけ衿/Le futur   レディースフリルネック 黒

◆靴/vanitybeauty ウイングチップフラットシューズ シルバー
◆バッグ/La foresta d’Italia 本革ビッグトート シルバー
スイッチコーデに役立つ厚手ジャケット
私のお仕事ジャケットのメインは、シワにならず軽くてお手入れしやすいPLSTのストレッチジャケット。これホントにすぐれものなのですが、オールシーズン着用できるということは薄手だということ。コート代わりのアウターにはなりません。
一方、この日着用しているジャケットは、厚手ウールでダブル仕様。大きめにできているので、下にニットを着た上にこれを羽織れば、冬から春へのスイッチコーデにぴったりです。
↓ ジャケットは10年以上着用していますが、型崩れもせずバリバリ現役。Pコートのような形でゆとりがあるため下にも着込めます。
↓ 下に着たニットは2シーズン前のユニクロU。現在のミラノリブクルーネックセーターとほぼ同じ素材同じ形。今よりやや細身にできていますが、ジャケット下に着るにはちょうどいい感じ。全然ヘタらないのがすごい。白なのに3シーズン目。

衿元にのぞいているのは、黒いつけ衿。衿もとの黒いフリルとパンツの黒とをリンクさせました。衿があったほうがきちんと見えます!

ストールは生カシミヤにチェンジ
ストールは冬中愛用してきた通常のカシミヤストールではなく細番手で織った軽めのふわふわのカシミヤ、通称「生カシミヤ」にチェンジ。
ものすごく軽くて、春先や秋口に大活躍です。出張や旅行のときは夏でもこれを荷物に入れておきます。自宅で丸洗いできるのもうれしい。
↓ 私の使っているのはライトグレー。何にでもあうのでおすすめです。
生カシミヤ
ブーツを脱いでフラットシューズにソックスを
足元は春らしく軽めに行きたいところですよね。パンプスよりも「おじ靴」な気分だったのでグレーのソックスとシルバーのウイングチップフラットシューズで軽快に。そして、大型のシルバーバッグをポイントにしました。
パンツは厚手のコットン製。大昔のユニクロ✕beautiful people 幻のコラボ商品です。今も人気でヤフオクやメルカリで、中古でも定価以上の高値で取り引きされているみたいですねー。このコラボ、ホントに素敵なものが多くて、ステンカラーコートやら、茶系のチェックパンツやらほかにもいろいろ購入し、今も大切に愛用中です。8年目かー。
 こんな姿で過ごしましたが、全然寒さを感じることなく過ごせました。まもなく3月。本格的な春はもうすぐですねー。
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。
インスタグラム始めました。

Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ