リネンブレンドワンピにロングカーデ アラカンが着るユニクロ51

※アップしたあと、画像を加え、文章を加筆しました。

色が気に入って思わず購入してしまったユニクロのリネンブレンドAラインワンピース。今日は肌寒く雨模様だったので、グレーのロングカーディガンを羽織りました。

◆ ワンピース/ユニクロ リネンブレンドAラインワンピース→ この日と同じ
◆ カーディガン/コウベレタス
◆ 靴/SUGAR SUGAR ターバンサイドオープンパンプス→ この日と同じ
◆ ストール/ macocca 大判無地ストール→ この日やこの日と色違い
◆ レギンス/詳細不明
ロングカーディガンの丈は
昨年までは着丈86cm~90cmのロングカーディガンを着ていました。今日も実は、そのくらいの長さの白いカーディガンを羽織ろうとおもっていたのです。でも、羽織ってみたら、あら残念、ちょっと短いんですよ。パンツにはちょうどいい長さなのですが、このワンピースだと中後半端なところで分断されるためかなんかイマイチ。
それで、羽織り物を長めのこちらに変更しました。
スカート丈よりも長い分には大丈夫みたいですね。
これはコートと同じだなあ。コート丈はスカートより長ければよし、コートの裾からスカートがのぞいても、10cmくらいまら問題なしが私のざっくりした基準なのですが、あてはまりそう。
リネンブレンドAラインワンピにグレーカーデ
だがしかーし、この105cmくらいのカーディガンを羽織った後ろ姿を見ると、ヌメーと長く間延びして見えてちょっとなあ。反省のための画像を小さめに(笑)
ロングカーデの背中
この長さだと、タックがはいるとか、ドレープ感があるとか、ベルトループにゆったりベルトを通すとか、なにか動きというかデザイン性がないとちょっと厳しい感じがしないでもありません。
吟味せず緊急購入したプチプラ服なのでという言い訳をしたくなりますが、そういう問題じゃないですな。これも骨格のしっかりした若い体が中に入ればおそらくOKなのでしょうからorz。
カーディガンで色や柄の分量を調節
カーディガンがライトグレーなので、レギンスもストールもグレーにして、足元はシルバー。今日は授業日だったのですが、教壇に立つにはこのイエローワンピ、ちょっと派手かなと思っていたんですね。でも、そのイエローの分量をカーディガンでちょうどいい感じに減らすことに成功。落ちついたグレーにサンドイッチされているし、こんなセンセイがいてもいいってことにしておこう!というわけで前から見ているかぎりではOK、と思いたい。
「リネンブレンド」と「リネンコットン」の組成は?
画像はすべて帰宅後ですが、1日仕事をしてこの程度の着用ジワなら優秀だと思います。ほとんど気になりませんよね。「リネンブレンド」の組成は55% 麻,45% レーヨン。
一方、着用ジワがとっても気になったベルテッドリネンコットンワイドパンツは、50% 綿,50% 麻。
ワンピースとパンツを直接比べることはできないけれど、これまで着用してきた限りでは、素材的には麻✕レーヨンの「リネンブレンド」のほうが仕事服には適している感じです。レーヨンってシワシワになって扱いにくい素材のイメージでしたが、ブレンドの仕方で変わるんですねー。

お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。

またお立ち寄りいただけたらとってもうれしいです!