脇汗・汗ジミどうしてる?大人におすすめ!UNIQLOドレープクルーネックT

一昨日、世間では絶賛の嵐状態の「ユニクロ・クレープジャージーT」が私にはまったく似合わなかった話を、実にお恥ずかしい写真とともにこちらに書かせていただきました。
それを読んでくださった方から、「ユニクロTシャツで一番使えると思うのはどれ?」とご質問があったので本日はそれを着用いたしましたよ!
もう何年も毎年購入し続けている「ドレープクルーネックT」。着用しているのは2017年版のグレーです。

ユニクロドレープクルーネックT

◆トップス/ユニクロ ドレープクルーネックT グレー S(2017)
◆パンツ/ユニクロ カーゴパンツ グレー(詳細不明・大昔)
◆サンダル/パラディクルール シルバーメタリックサンダル
◆バッグ/La foresta d’Italia レザートート シルバー
◆ストール/macocca 大判無地ストール ピンク

ドレープクルーネックTの特徴は?

手元に残っているもので一番古いのはこの2017年版のグレー。でも、初めて購入したのはそれよりも数年前だったような。
それから、毎年気になる色を買い足して今に至るという、私にとって「これなしじゃ夏が過ごせない」Tシャツ。それが、この「ドレープクルーネックT」です。

ドレープクルーネックTの特徴は

ドレープ感のあるモダール素材で体のラインを拾わない
②素材に上品な光沢があり、キレイめに着こなせる
ドルマンスリーブ&ゆったりシルエットで二の腕や背中など体の気になる部分をカバー
脇の開きが小さいのでインナーに気を使う必要なし
多彩な色展開
 (ユニクロサイトからお借りしました)
使えるなあと思うのは、この↑グレーと定番の白とネイビー。私は今季はピンクとブルーを買い足しました。
ユニクロUのクルーネックTと比較すると
いいところだけ並べてもなかな良さは伝わらないと思います。なので「ドレープクルーネックT」よりも、はるかに知名度が高く愛用者が多いと思われる「ユニクロUのクルーネックT」と比較してみようと思います。
↓ ユニクロUのクルーネックT。
こちらも私が以前から愛用していてブログでも何度も記事にしているTシャツです。
「ドレープクルーネックT」よりもヘルシーな雰囲気があるため、カジュアルにまとめたいときには「ユニクロUのクルーネックT」、キレイめにまとめたいときには「ドレープクルーネックT」を使うことが多いかな。
白を着用した画像で比較して見ますね。
↓ 1枚目が「ドレープクルーネックT」2枚目が「ユニクロUのクルーネックT」
1枚目の「ドレープクルーネックT」は、上にも書いたように ①ドレープ感があって体のラインを拾わず ②素材に光沢があるのでキレイめにまとまり、③ドルマンスリーブ&ゆったりシルエットで体型がカバー効果が高い、のです。
2枚目の「ユニクロUのクルーネックT」は、しっかりしたコットン製の王道Tシャツ。ヘルシーでスポーティーですね。洗ってもヘタらない詰まった襟ぐりなど魅力いっぱいのTシャツです。
しかし、私がこちらの「白T」をこのように何も盛らずにただ着用すると、「年取った小学生が体操着を着ている」感が醸し出されてしまう。コットンの白Tシャツのヘルシーさに、シャツからのぞくアラカンの肌がついていけないのだな、おそらく(>_<)(>_<)(>_<)
↓ほかの色だとこんな感じ。
おしゃれな色展開がこのTシャツの魅力だし、「白」でなければ、なんとかなるような気はするものの、「白」を1枚で着るのはアラカンとしてはやっぱりちょっとつらい。
たとえば、ジャケットの下に着る「白T」として考えたとき、暑ければジャケットを脱ぐので、人前で「白T」1枚になる可能性もあります。
そう考えると、これからの季節、ジャケットのインは「ドレープクルーネックT」にしておこう、そんなチョイスにどうしてもなってしまうのがここ数年のわたくしなのでした。
ああ、年々この「ドレープクルーネックT」が手放せないアイテムとなっていく。
↓大人の白T選びについては以前こちらの記事にも書きました。
関連記事

「白いTシャツを1枚で」はNG?白いTシャツを1枚で着こなすのが難しくなったのはいつ頃だったのか。まあ、白Tと言えば、若さ、躍動感、そしてヘルシーさのシンボルみたいなアイテム。それらすべてを失いつつある今、似合わなくなるのは当然[…]

デニムスカートと白T
ジャケット着用時の脇汗対策+脱いだときの見栄え
ジャケットのインに着るTシャツですが、脇汗対策を考えるとノースリーブには抵抗がありますよね。
ジャケットを脱いだときの涼しさやおしゃれっぽさを考えると、ノースリーブを着たい。でもそうするとジャケットに直接触れる脇の汗が不安。いいジャケットならなおのこと、素肌がジャケットに触れるのはできるだけ避けたいものです。
(有名ファッションブロガーさんがこぞって激推し中の、外国製の強力制汗剤があるのですが、私の肌には合わず(>_<))
そんなとき、この「ドレープクルーネックT」の短い袖が実にいい仕事をしてくれます。短いながら肌が直接ジャケットに触れることは、ギリで防いでくれるのですよ。
また、このTシャツは短いラグランスリーブ。これは半袖よりは袖が短くて涼しく、おしゃれっぽい。かといって、フレンチスリーブのようにかわいすぎる感じ(←大人には厳しい)もない。
つまり、ジャケットを外出先で一時的に脱いでもそこそこの見栄えが手に入る、というわけです。
まとめると、この「ドーレープクルーネックT」は、
◎ジャケット着用時の脇汗対策
◎ジャケットを脱いだときのそこそこの見栄え
この2つが叶うのです。
ところで、Tシャツの汗じみ対策どうしてる?
 さて、ジャケットインにするにせよ、1枚で着用するにせよ、これからの季節、すごーく気になるのが、背中や胸などの汗じみ
「グレーやライトブルーなど薄めの色のTシャツは、汗が目立つので暑い日は避ける」という方もとても多いようです。オンラインショップのTシャツのコメント欄にも「◯◯色は汗が目立つ」という書き込みもよく目にします。
ということは、Tシャツの下にはインナーを着ない方のほうが多いのかな。シャツやブラウスの下には当然着用するにしても、もともと下着だったTシャツの下にさらに下着をつけることには抵抗があるのかもしれませんねー。
私自身はと言いますと、薄めの色のTシャツを夏中ガンガン着ることもありまして、Tシャツの下にも必ずインナーを着用しています。
着ているのは、短い袖がつき、襟ぐりが横に広めにあいたタイプの吸水速乾機能の高いインナー。これ、汗じみ・脇汗対策として欠かすことができません。
そして、「下にインナーを着る」ということを考えたとき、こちらの「ドレープクルーネックT」は優秀なのです。
その理由は、一番上に上げた特徴の④にあります。④脇(袖口)の開きが小さいこと。
↓脇の開きはこんな感じ。これならインナーは見えません
下にエアリズムインナーの半袖を着ていますが、ギリギリでインナーが見えない袖丈を確保。そしてこの「④脇の開きが小さい」という特徴のおかげで、袖口からもインナーがのぞく心配がありません。
下にインナーを着ることができれば、汗対策はバッチリ。淡色Tでも躊躇せず着ることができます。
オンラインショップをのぞいたら、この「ドレープクルーネックT」は6/4まで限定790円で販売中。はりつけておきます。
UNIQLO

大きめにできているので、ジャケット下に着用するのなら、いつものサイズより1サイズダウンさせてもいいかもしれません。一方、細身のパンツの上にゆったり着るならジャストサイズがおすすめ、自然にお腹もお尻も隠れます。薄手なのでタックインしても外に響かないのもうれしいです。
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら
書籍販売中。当サイトをご紹介いただいています。

インスタグラム始めました。
Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ