レースブラウスにワークパンツweb会議対応在宅ワーク服

もう曜日の感覚がよくわからなくなっていますが、本日は土曜日なのですね。土曜日も当事務所は営業中です。Webでの取材があったので、レースのトップスを着用。ボトムは楽ちんワークパンツにしました。

レーストップスとカーキのワークパンツ

◆トップス/PLST レーススタンドネックブラウス クロムイエロー
◆ディノス/ストレッチカーゴパンツ(昔)
◆靴/ NOUBEL VOUG Relax エナメルリボンパンプス
使えるPLSTのレースブラウス
以前も描きましたが、Zoomミーティング・取材の服装の条件は
① ほどよくカジュアルであること。でもカジュアルすぎて部屋着感をさせてはダメ
② ほどよくキレイめであること。でもジャケット着用だとかしこまりすぎ
③ 自分の体型に似合うネックラインを選ぶこと。
↓ で、選んだのがクロムイエローのレースブラウス。
レースですからキレイめですが、色が明るいイエローなのでポップでカジュアルな感じもしますよね。顔映りのいい色であることもWebミーティング向き。そして、ネックラインは低めのスタンドネック。首が短いので高すぎるスタンドネックはパスなのですが、このくらいならOK。上の3条件バッチリ満たしています!
応用範囲が広いカーキ色
ボトムはカーキ色のワークパンツ。ゆったりとリラックスした気分になれるパンツです。
ファッションの世界ではこのパンツの色は「カーキ色」とされているので、このブログでは「カーキ色」としていますが、本来はこの色はオリーブグリーンに白を混ぜて明るくした色ですね。黄色がかった薄緑色。
トップスの鮮やかな黄色とパンツのカーキ色とがなじむのは、パンツが黄味のかかった色なのでリンクしているからでしょう。
↓ 以前のコーデですが、これもカーキのシャツの「黄味」とインのニットの「黄色」をリンクさせています。
1枚で着るのは、年齢的にどうよ、という鮮やかすぎるイエローもカーキと合わせると落ちつきます。
↓ その一方で真っ赤とも合うし
画像がなかったのですが、黒と合わせるとマニッシュでかっこよくまとまります。
↓もちろん緑や流行中のミントグリーンとは同系色なので相性バッチリ。
若い頃は「おっさん見え」するから苦手だったカーキ色ですが、年齢をかさねるにつれて、着こなしの幅が広がってきたように思います。もっとも、私自身が「おっさん化」してきたために、似合うようになっただけなのかもしれませんが。
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。
書籍販売中。当サイトをご紹介いただいています。

インスタグラム始めました。
Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ