盛り袖終了!?どうする?トレンドとの距離感

暖かい事務所で終日作業に追われていた今日は、昨年までヘビロテした盛り袖のトップスを引っ張り出して着てみました。ああ、懐かし。
肘から手首に向かって広がったベルスリーブ。昔からある定番の袖の形ですよね。子どもの頃着ていたワンピースにもこんなお袖のものがあったような。
ところが、ここ数年の盛り袖ブームを経験してしまった今見ると、なんとも古くさく見えてしまう。一時的に流行りすぎただけで、ベルスリーブにはなんの罪もないのに。

書類の上を行ったり来たりするときにこの広がった袖が邪魔で、結局、本日は下のように内側に折り込んでせっかくのデザインをガン無視。ちょっとそこまでの外出時は袖を折り込んだまま上にマウンテンパーカー(内側にダウンを着ています)を羽織りました。このようにインナーとして着用する分には問題ありませんが、一枚で着るのはもう難しいのかなあ。

トレンドを無視して我が道をいくほど、おしゃれにこだわりがあるわけでも、センスに自信があるわけでもない私にとって、トレンドものは実に便利です。大枚をはたくならともかく、プチプラであるなら、そこそこ乗っかっちゃうのがいちばん楽に「今の人」でいる方法。しかし、それがフッと虚しくなるのはこんな時です。
もっと分別のあるちゃんとした大人になれたらよかったんですが、もう十分以上に大人なのに、手を出しては失敗を重ねるっていうねー。
まあ、プチプラで1シーズン楽しんだのだから、よしとすることにしちまえ!って話でしょうね(笑)

◆トップス/PLST ソフトレーヨンフレアスリーブニット(2017年)
◆パンツ/スピック&スパン コンパクトチノベイカーパンツ(2017年)→ この日と同じ
◆アウター/plst ポリエステルツイルフーテッドマウンテンパーカー→ この日この日と同じ
◆靴/ 大昔のもの 詳細不明

お読みいただきありがとうございます。

こちらで楽天で買える愛用品を紹介しています。

ランキングに参加しています。よろしかったら下の2つのタグをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

50代「若見え」の呪縛

ブラウンやキャメル、ベージュを使ったコーデが大好きな私ですが、トップスにこれらの色を持ってくるのがかなり難しくなってきました。もちろんアクセサリーや巻物で工夫すればよいのですが、いわゆる「顔映り」を考えると、トップスはやはり白っぽいほうが断然いいのですよね。ベージュのトップスより白のトップスのほうが、顔は明るく、そして、若く見える。
で、昨日は、キャメルベージュのパンツの上に、何色のトップスを着るかで悩み、結局アイボリーのニットに。


◆ニット/titivate タートルドルマンニット
◆パンツ/PLST ウォームリザーブワイドパンツ→この日この日と同じ
◆アウター/ United arrows→この日この日と同じ
◆靴/ 大昔のレースアップブーツ 詳細不明

いつもの、あいかわらずな、コーデになってしまいました。「顔映りのよさ」が一瞬でも頭をかすめたら最後、絶対トップスは白系になってしまう。でも、なんだかそれってつまらなくないかい?と思うわけです。
「顔映りのいい色=若く見える色」これは確かに言えそうです。でも「顔映りのよくない色=似合わない色」とは必ずしも言えない気がする。若くは見えないけど、年齢相応だけど、でも似合う色、ってあるんじゃないかと。
それに、好きな色が顔映りのよくない色ということもありますよね。私の場合、若いころ好きでよく着ていた、グレージュなどのニュアンスカラーやチョコレートブラウンなどがそれに当たります。ここ数年、このあたりの色のトップスは避けることが多くなっていて、手が伸びるのは白っぽいものばっかり。

実は昨日、トップスを選ぶとき、この3色買いしたタートルドルマンニットを、着比べてみたのです。結果、いちばん顔映りのよいアイボリーを選んでしまいました。
「女は少しでも若い方がよい、顔は明るく輝いていた方がよい」―――
これ、どこぞのおやじの言葉じゃないですよ、私の内なる声。
どちらかといえば私は、エイジング容認派だったはずなのですが、それでも知らず知らずのうちにからめとられてる「若見え」の呪縛。恐ろしいですねー。

写真撮り忘れたので、以前撮った写真になりますが、着比べたのは下の3色です。顔なし画像では、顔映りわかりませんねー(笑)。首の上についているのは、ごくごく標準的なアラカンの顔であります。

似合う色は、1枚目のキャメルのような気がします。自分でもこれがいちばん私らしいと思う。好きな色は2枚目の赤。赤は着ると元気が出る私のラッキーカラー。仕事で勝負をかけるときは、必ず赤いものを何か身につけるようにしています。でも「顔映り」だけを考えたらやはりどう見てもアイボリーになるんですよねー。
それで登場回数最多はアイボリーなのですが、なんだかなあ。
たとえば、2枚目のチェックのパンツ、私的には絶対赤のニットと組み合わせたい。若く見えるにこしたことはないけれど、それより好きを優先したほうが断然満足感高いので。てなことがわかっているのに、アイボリーに手が出てしまうのが今の私!?

うーん、そろそろ、「若見え」の呪縛から自分を解き放つ時期なのもしれません。「いつまでも若くて素敵」よりも「年齢相応で素敵」を目指したほうが楽しそうだしなー。

というのも、私自身、数年前に「これ着ると痛いオバサンだと思われちゃう」の呪縛からなぜかいきなり解放されて(開き直りとも言う)着る楽しみが倍増した経験があるのです。(あ、でも家族で出かけるときや夫と過ごすときなどは、いいお母様、奥様見えするようにはしています。それはそれでコスプレ感覚で)

これを言っちゃあ、ミもフタもありませんが、見た目の若さも大切だけど、頭と感覚の若さはもっと大切。抗うべきところは抗いつつ、自分なりに受け入れてもいいところを見つけていくのも上手な生き方かもしれませんねー。

お読みいただきありがとうございました。

こちらで楽天で買える愛用品を紹介しています。

ランキングに参加しています。よろしかったら下の2つのタグをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

 

偏愛デニム細見え長見えの秘密とは?

天気予報では曇り時々晴れだった昨日、運悪く屋外での仕事時間中には小雨がぱらついてきました。傘を差していられる状況ではなく、モッズコートのフードを、初めておしゃれではなく、「実用品」として使用。いやー、便利ですねー。労働する日にはピッタリのコート。頼れます。

今日の仕事内容から、ボトムスはデニムと決めていました。このアッパーハイツのデニムが気に入り過ぎて、最近こればかりに手が伸びます。なによりこのPlatinumというグレーの発色がたまらなく好き。

これに黒のジャケットを羽織ると、統一感が出てブルージーンズよりもずっときちんとした印象になります。だからお仕事デニムとしてとっても使いやすい。この日もコートが濃色なので、ブラックデニムだと重くなるところでしょうが、Platinumは軽やかです。

もうひとつ、このデニムに手が伸びる大きな理由は、足を(実物よりも)きれいに見せてくれること。上の画像の膝下の辺りを見るとよくわかるのですが、足が細く長く見えるように色落ちの具合が綿密に計算されてます。膝下の真ん中部分の色が濃くなっているのでセンタープレス入りのパンツが足を長く見せるのと同様の効果を生み、私の短い膝下もちょっとだけ長く見えます。逆に、腿から膝までは真ん中の部分から周辺に向かって色が濃くなっていきます。このグラデーション具合が絶妙なので、ちょっと遠目にみるとあら不思議!! まるで白っぽい部分だけが腿で、濃い色のところは腿ではないかのような。

以上、気に入っているものの気に入っている理由を言語化しておくと、次のお買い物の参考になるし失敗が減るので、備忘録として。

◆デニム/upper heights  THE STELLA →ほかのコーデ画像はこちら
◆ニット/PLST アルパカ混オフタートルケーブルニット → ほかのコーデ画像はこちら
◆アウター/ IENA モッズコート → ほかのコーデ画像はこちら
◆靴/ サルース チャンキーヒールサイドゴアショートブーツ →ほかのコーデ画像はこちら
◆ストール/ ディノス カシミヤ モッサ仕上げ大判ストール アイスグレー→ほかのコーデ画像はこちら

 

お読みいただきありがとうございます。

こちらで楽天で買える愛用品を紹介しています。

ランキングに参加しています。よろしかったら下の2つのタグをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

白パンツのポケットの透けどうする?

以前、こちらでもおすすめしたPLSTのウォームリザーブパンツ。暖かさとラインのきれいさでキャメル,チェック、ネイビー、白と買い足してきました。今日は、白のワイドパンツを着用しました。寒いので下にレギンスを仕込んでいます。購入して今日が2度目。

それで今日初めて気づいたのですが、これ、白いポケットの部分が透ける!
厚地なので下着が透けることはありませんが、ポケット部分は布地が2重になるため、今日のように下に黒いレギンスをはこうものならくっきりとポケットの形が浮き出てしまいます。

◆ニット/ ユニクロ メランジタートルネックセーター→他の着用画像はこちら
◆パンツ/PLST ウォームリザーブワイドパンツ→ほかの色の着用画像はこちら
◆ストール/ ミー&カシミヤ 大昔のもの→ほかの着用画像はこちら
◆靴/ サルース 厚底おじぐつ→ほかの着用画像はこちらこちら

 

画像からは全然わかりませんが、下は一枚目(左)が最初にワイドパンツをはいたとき、2枚目(右)は、同素材のスティックパンツの着用画像。今ほど寒くなかったので、どちらも下に白いガードルを着用し、スパッツやタイツを重ねてはいません。下が白なのでポケットの透けが気にならなかったのでしょう。

白のガードルを選ぶのは白パンツを履くときの鉄則としているので、このときも自動的に選びましたが、たとえガードルの色がほかの色だったとしても、下着が透けることはなかったと思います。このパンツは厚地なので、下着の透けはありません。でも、ポケットの部分は、下に白い物を着用しない限りくっきり透けていたと思われます。

お気に入りだけにとっても残念。どうしてポケットの生地を目立たないベージュにしてくれなかったのかなあ。それだけで防げることなのに。
というわけで、このパンツ、白については本当に寒い今の時期は履かないか(ウォームリザーブパンツなのに、寒い時期に履かないというのもねー)、下に白いタイツ(持ってない!)か、アイボリーのレギンス(持ってない!)を履くか、しかなさそうです。

お読みいただきありがとうございました。

こちらで楽天で買える愛用品を紹介しています。

ランキングに参加しています。よろしかったら下の2つのタグをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

淡色ダウンの威力

寒い日が続きますね。今日はネイビーのワントーンコーデに年末に購入したばかりのダウンを羽織りました。

実は、これまでほとんどダウンを着なかった私ですが、手に入れたばかりのこのダウン、しょっちゅう着ています。
なぜこれまで着なかったものを突然ヘビロテするようになったのか。考えてみると、それって、ダウンの色が濃色じゃないからだと思うのです。以前から持っているダウンは定番の黒、ミドル丈。使い回しがきくようでいて、使いこなせなかったのは、濃色ボトムスのうえに羽織ると全体に真っ黒で重ーい感じになってしまうから。
黒をシックに着こなせれば素敵なんでしょうけれど、ただただ地味で重たくなってしまう。これは顔立ちや体型にもよるのでしょう。

それに比べると、こちらのダウンは、オレンジに薄い茶色を少しだけまぜたような複雑な色。今日のようなダークネイビーのワントーンコーデのうえに羽織ると、パッと全体が明るくなり、年齢をかさねた肌を少し明るく見せてくれるような(笑)。しかも軽くて暖かい、とくれば寒い日に手が伸びるのは当然ですね。

苦手だと思っていたダウンですが、苦手なのには理由がありました。色の効果って大きいので、もっといろいろ試してみたいなあ。

◆ニット/ ユニクロ 昔のもの
◆パンツ/ PLST ウォームリザーブワイドパンツ ネイビー→ほかの色のコーデ画像はこちら
◆巻物/ バンヤードストーム ヘレンムーアファーティペット→ほかのコーデ画像はこちらこちら
◆アウター/ Unitedarrows ハッスイフードショートダウンジャケット→ほかのコーデ画像はこちらこちら

 

サイズ欠けしてますが、こちらのダウン張っておきます。

お読みいただきありがとうございます。

こちらで楽天で買える愛用品を紹介しています。

ランキングに参加しています。よろしかったら下の2つのタグをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ