【脱!コロナ太り】Xラインでメリハリ演出。ない「くびれ」は作ってしまえ!

肌寒い雨の金曜日。オーバーサイズのデニムシャツをデニムのロングスカートにタックイン。デニムオンデニムコーデでウエストを赤いベルトでマークしました。

◆トップス/Lands’ End(ボーイズ)デニムシャツ
◆スカート/ ディノスで購入 Moname  切り替えスカート インディゴS
◆インに着たTシャツ/ユニクロ 
◆靴/ラウナレア ローヒールパンプス 
◆ベルト/honky tonk メッシュベルト赤
↓ そして本日は、ボリュームトップスとボリュームボトムをウエストでギュギュッと分断した「Xライン」シルエット。メリハリ演出でスタイルアップを狙いました。
 「くびれ」がないなら作ってしまえ!
 「くびれ」なんてないわよ! と言わないでくださいまし。「くびれ」がないのは、わたくしも同じ。わたくしの場合、ウエストは細いのですが、胸もなければおしりもない、棒っきれのような少年体型。普通にウエストマークしてしまうと、メリハリに欠けたこの体の貧相さばかりが強調されてしまいます。
 でも、「くびれ」なんて相対的なものなので、ないなら作ってしまえばいい。上半身と下半身にボリュームを持たせれば、くびれは自然にできるものなのですわよ。
↓ 息子が学生時代に来ていたデニムシャツを着用。ブカブカのゆるゆるです。
 ゆるゆるのオーバーサイズシャツの裾をタックインして、ウエストをギュギュっとベルトで締めます。くびれを際立たせるために、ベルトの色はアクセントカラーの「赤」。こうすることで、一番細いウエストに視線を集めてしまおうという魂胆です。
Xラインシルエットでメリハリボディを演出
 シャツは厚手のデニムでハリがあります。裾をスカートにタックインすると腰周りにボリュームが出ますが、これはウエストサイズとの差が大きくなるのでむしろ好都合。
 ↓ 一度バンザイをしてシャツの裾が少しずり上がるようにして、上半身にボリュームを出します。
デニムオンデニム
 上に着るものは、ハリのある生地のシャツやボリュームニットなど、上半身が大きく見えるものを選ぶことがポイント。
ボトムは裾広がりのスカートかパンツ。このスカートはジャストウエストですが、ハイウエストなら、さらにウエストが強調できます。
↓ ウエストと足元という最も細いところだけに視線が集まります!(^O^)v

デニムオンデニムでXラインシルエット

スカート丈がマキシなので足首は見えませんが、甲がしっかり見える甲浅の靴なら、足首を見せるのと同様の「抜け感」が出ます。手首と首も見えているので、着ているものの分量が多くてもスッキリ見えますよね。

↓ こちらは以前のコーデですが、これもXラインシルエット。ボリュームブラウスともんぺみたいなシルエットのパンツ。
このコーデ、トップスをアウトすると、背は低く、脚は太く短く、上半身は大きく、全体的にズドーンと太った人になります。この手のパンツは、ちびっこの私には、Xラインでしか着こなせません。つまり、これ、「くびれ」だけで持たせているコーデなのです。
このコーデは足元にはアクセントをおかず、肌と同色のヒールの靴を履いて脚長見せを狙っています。ちびっこの涙ぐましい努力。
ハイウエストが人気の今季は、このようなタックパンツもハイウエストのロングスカートもよりどりみどり。Xラインシルエットはとっても作りやすいと思います。
自粛太りしてしまった奥さま方、体重戻さずともコーデで細見えは叶いますわよ!
体重のほうは、徐々にいつもの体重に戻していくことにいたしましょう。
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。
書籍販売中。当サイトをご紹介いただいています。

インスタグラム始めました。
Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ