簡単!大人カジュアルの作り方 トレンチのインはパーカーに!

この日は、ダークブラウンのパーカーに同色のワイドパンツ、ブロックテックトレンチを羽織って仕事へ。寒くなったり暖かくなったりをくりかえしながらも季節は進み、ようやく軽めのコートだけで外出できる季節がやってきましたね\(^o^)/。

ブロックテックトレンチとパーカー

◆インに着たタートル/ユニクロU<メンズ>タートルネックT XS
◆トップス/GU スウェットフルジップパーカー ダークブラウン XS(2017)
◆パンツ/ユニクロ ハイウエストドレープワイドストレートパンツ ダークブラウン XS
◆アウター/ユニクロU ブロックテックトレンチコート ベージュ S
◆靴/ソフィアコレクション バックルベルトショートブーツ ブラウン

手持ちのアウターをカジュアルダウンしたい

先日「大人の女性がカジュアルアウターを着るべき5つの理由」という記事を書きました。↓こちらです。

関連記事

出かけようとしたらなんと雪。白いライダースジャケットかデニムジャケットを羽織るつもりでいたのですが、あわててモッズコートにボアライナーとフードファーをつけて着用。足元はブーツにチェンジ。◆トップス/titivate タートルドル[…]

モッズコートにグレーニットソー

この記事を読んでくださった読者の方から、メールをいただきました。その方は50代、フルタイム勤務で毎日スーツで通勤。カジュアスタイルは苦手で、カジュアルアウターはダウンしか持ってらっしゃらないとのこと。

ああ、わかります。わたくしの友人にも同じような人がいます。もしかしたらそういう方は少なくないのかもしれません。

で、その読者の方のメールにはこうありました。
トレンチコートやジャケットなど手持ちのアウターでカジュアルダウンできたらいいのだけれど‥‥」と。

これこれ!! ありますよ。方法が。私がしょっちゅう使っているテクニックが1つだけあります。
いや「1つだけ」と言っちゃいけない、わたくしの場合は1つだけ、ということです。ファッションのプロの方は、きっとカジュアルダウンのテクニックをいくつもお持ちで、それをごく自然にいつも組み合わせているのでしょう。
なので、それは置いておいて、ですね、ここでは、ど素人のただのおしゃれ好きのおばちゃんが、いつも頼っている唯一の方法について書こうと思います(キッパリ)!

パーカーをインに入れるだけ

もうね、これだけです。パーカーをインに入れる。普通にパーカーを着る場面では効果はありません。「普通合わせないでしょう」というときに、インにパーカーを入れる

↓ 本日のコーデ。トレンチにパーカー。

パーカーって、その存在がそもそもスポーティーですよね。だから、着るだけで、ヘルシーで元気なイメージをまとうことになる。上のように、フードが見えるだけで、リラックス感伝わりませんか。ほーらね、カジュアルダウンできちゃった。

↓ 昔のコーデです。まじめなチェスターコートのインにブラックのパーカーを入れました。

↓ こちらは最近のコーデ。アラカン、まさかのピンクのパーカー(笑)。これだけでカジュアルダウンしてるでしょ。

↓ 色はチャコールグレー、おまけにパンツは裾がダブルという「オッサンのお仕事臭」のするスーツですが、パーカーをインして足元をスニーカーにすれば、もうどこにもオッサンの影はちらつきません。バッグはシルバーメタリックの大型トート。

↓ パーカーは何色でもOKです。ブルーのほうがスポーティーさが増して、シュッとしたカジュアルになりますね。キャップを被るとカジュアル感がアップするばかりか、背が高く見えます(^O^)v。

この「パーカーをインに入れる」というテクニック、若い世代はごく普通にやっていることなのですが、私と同世代あたりから上の世代には、ちょっと抵抗がある方が多いように思います。
でも、これ、やらない手はないです。だって誰でもできる簡単テクなんだもの。しかもありがたいことに、昔と違って今のコートやジャケットはオーバーサイズ気味にできているので、中にパーカーをインするゆとりは十分。

奥さま、「紺ブレ」お持ちですよね。『東京ラブストーリー』で赤名リカが着ていたみたいなヤツ。あれを着る前にですね、インにパーカーを仕込んでみてくださいねー。

しかも「小顔見え」効果まで!

この「パーカーをインに入れる」テク、もうひとつ大きなメリットがあります。それはジャケットやコートの衿の上にフードを重ねることによる「小顔見え」。フードが立ち上がって広がるので相対的に顔が小さく見えるというわけです。

↓ ほら、この通り。「どこが小顔だよ!」とか言わないでね。

パーカーと同色のボトムでスタイルアップ効果も!

さらに、この「トレンチ」✕「パーカー」コーデにはスタイルアップという効果もあります。
そのためにやるべきことはひとつ。パーカーとなるべく近い色のフルレングスのパンツをはいて縦長のラインをつくることです。

こうすることで、トレンチの前を開くと首から足元までIラインができて、背が高く見えることまちがいなし。

↓ ダークブラウンのIライン

ブロックテックトレンチとパーカー

↓ このときはブラックのIライン

最後にわたくしが敬愛しているスタイリストの菊池京子さんのコーデを。こちらはグレーのIラインです。ライトグレーのパーカーにライトグレーのパンツ、そして、ライトベージュのトレンチ。グレージュのバッグ、白コンバース、春っぽい色で素敵ですねー。これ、近々まねっこしてみよう!(画像はK.K.Closetからお借りしました)

トレンチをカジュアルに着たいなら、パーカーをイン!そしてボトムを同色にしてスタイルアップを! 誰でもできる簡単テクのご紹介でした。

お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら
インスタグラム始めました。

Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ