ブラックワイドパンツを甘く着る

残暑の厳しかった今日は、plstのワイドパンツでつくる夏の名残のオールブラックコーデ。ドット地にフリルという甘甘トップスと組み合わせてみました。

plstブラックワイドパンツ

◆トップス/ フリルドットブラウス 詳細不明 大昔
◆パンツ/ PLST ハイパワーダブルクロスワイドパンツ ブラックXXS(2017年)→ この日と色違い
◆羽織り物/ ユニクロ ライトカーディガン 白 XS 
◆靴/ ナインウェスト ブラック&ゴールド  昔 

夏限定のオールブラックコーデ

黒が似合わない私にとっては、夏季限定のオールブラックコーデ。なぜなら、夏だけはノースリーブで肌分量を増やせるため、ブラックでもなんとかもたせられるからです。

夏のオールブラックについてはこちらの記事でも書きました。パンツは今日と同じものを着用しています。

関連記事

真夏のオールブラックコーデ。アラカンにとって、顔色をくすんで見せるブラックはキケンな色。でも、肌見せで抜け感がつくれる夏だけは別。季節限定のお楽しみです!◆トップス/ ユニクロ ドレープVブラウス(2017)◆パンツ/ PL[…]

パンツはいつものPLSTハイパワーダブルクロスワイドパンツ。落ち感ととろみ感のある素材なのでエレガントにもカジュアルにも着こなせる万能パンツです。
マーセライズコットンTと合わせてシャープに着ようか、あるいは、上の関連記事のようにVネックにしようか、などと考え、結局今日は、ドットフリルブラウスと組み合わせて甘めに仕上げました。

若いころは得意だった甘いトップス

ドットブラウスとワイドパンツ

このトップスは茶色とブラックを持っていて、たぶん20年くらい着ていると思われる年代物。ドット地にフリルという甘いデザインが昔は好みで、似合ってもいたと思うのですが、さすがに年齢的に厳しくなってきています(笑)。
こういう甘いトップスをスカートと合わせると、甘くなりすぎて、年齢はもちろん、キャラにも合わなくなってしまうため、ここ数年は今日のようにワイドパンツに合わせています。

羽織り物は白いユニクロのライトカーディガン。羽織ったほうがきちんと見えますね。今日は企業を訪問してのインタビュー仕事だったので(私の仕事についてはこちらに→ ★)、先方のオフィス内ではずっとカーデを羽織っていました。
仕事先がスタジオだったら、今っぽく見えるロングカーデにしたのですが、企業のオフィスなのでこちらの長さに。オフィスにはロングカーディガンよりもコンサバなこちらのほうが合うような気がします。

オールブラックコーデは重くなるので、バッグと腕時計とカーデで白を散らしました。アクセサリーとベルトと靴はゴールド。
行く夏を惜しむコーデとなりました。

お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら
ひっそりインスタグラム始めました。
Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ