夏こそ、オールブラックで! アラカンが着るユニクロ75

真夏のオールブラックコーデ。アラカンにとって、顔色をくすんで見せるブラックはキケンな色。でも、肌見せで抜け感がつくれる夏だけは別。季節限定のお楽しみです!

真夏のオールブラックコーデ

◆トップス/ ユニクロ ドレープVブラウス(2017)
◆パンツ/ PLST  ハイパワーダブルクロスワイドパンツ(2017)→この日と色違い
◆サンダル/ neue marche (2017)→ この日と同じ
◆巻物/ matta ボンボンストール(2017)→ この日と同じ

なによりも派手なのは素肌

10年ほど前までは、黒が大好きで、冬だろうと夏だろうと、しょっちゅう黒い服を着ていたわたくし。でもでも、ある日、黒がまったく似合わなくなっていることに気づき、いつのまにかワードローブの黒アイテムはほとんどネイビーに置き換えられていったのでした。
もちろん、黒いパンツや黒いジャケットは基本アイテムとして持ってはいるんですよ。けれども、インナーやトップスに明るい色を持ってくるなど、オールブラックは巧妙に避けてきたのであります。
そんな私が唯一、オールブラックを自分に解禁するのが夏!なぜなら、夏はノースリーブで肌見せができるから。

肩から腕にかけての「素肌」の抜け感たるや、白Tや派手色ニットの比ではございません。
考えてみればテパードパンツから足首がちょっとのぞいたり、腕まくりして細い手首がチラリと見えたりするだけで、抜け感が演出できるのですから、肩から指先まで全部見せたら、そりゃ、抜けますわよねー。
というわけで、夏限定でオールブラックを楽しんでいます。
この日は、Vネックで首も見せていますが、肌分量がちょっと多すぎる感じ。こんなに暑くなければタートルネックのノースリーブを着たと思います。見せるのは腕だけで十分。

ストールとゴールドアクセで完成

お出かけのときは、この上にグレーのライトカーデとかついつい羽織たくなりますが、オールブラックの意味がなくなっちゃうのでNG。肌分量調節+冷房対策は、ストール一択ですね。

ブラックコーデに白ストール

そして、ネックレスとイヤリングはゴールド。この日はサンダルもゴールドですが、オレンジとかイエローとかピンクとか、足元にだけ色を足してもよかったかも。

ユニクロのドレープシリーズは、この年にこのVネックといっしょにドレープタンクブラウスなどを購入して以来のお気に入り。久し振りに着用してみましたが、生地が今年販売中のものよりもしっかりしているみたい。まだまだ現役で続投願えそうです。

お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。
ひっそりインスタグラム始めました。
Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ