スラウチジーンズが似合わない大人のためのスラウチ攻略法

このところREDCARDやupper hightsの永遠の美シルエットデニムばかり穿いていたので、今日はトレンドシルエットを。ユニクロのスラウチジーンズを穿きました。
大人気のこのスラウチテーパードアンクルジーンズ。穿いてみたけど、なんだかしっくりこなかった――大人世代のみなさまのなかにはそんな方が少なくないのでは? かくいうわたくしもそうでした。そこで、スラウチジーンズの大人の攻略法を考えてみました。

ユニクロスラウチテーパードアンクルジーンズ

◆トップス/PLST ハイツイストヘムフレアニット パープル
◆パンツ/ユニクロ スラウチテーパードアンクルジーンズ オフホワイト 21
◆バッグ/モダルー(大昔)
◆サンダル/詳細不明 (大昔)
だらしないスラウチをきれいに穿く
スラウチ(slouch)とは英語で「無精な」とか「だらしない」という意味。スラウチパンツとは肩の力抜いてリラックスしてはけるパンツといったニュアンスで使われています。
↓ コーディネート例はこんな感じ。(画像はユニクロさんのサイトからお借りしました)
ウエストはかなり大きめ。これをガッと腰まで落として、腰も腿もゆるゆるで穿く。カッコイイですねー。
でも、これを大人が穿くのはなかなかむずかしく、過去に何度か苦戦した記事を書いています。
↓ スラウチジーンズの過去記事はこちら
関連記事

夏のような1日。トップスはノースリーブ、そしてボトムは前回玉砕したユニクロのスラウチテーパードアンクルジーンズ!◆トップス/ Pierrot ノースリーブリブニット グリーン M◆パンツ/ユニクロ スラウチテーパードアンクル[…]

スラウチテーパードアンクルジーンズ
この記事でも、いろいろ考察しているのですが、このユニクロのスラウチテーパードアンクルジーンズは、
① 腰ばきを想定して腰周り太もも周りがゆったり
② 腰ばきでウエスト位置がさがるため丈は短め
といった特徴があります。
実は私は、このスラウチジーンズの良さをぶち壊すような穿き方をしています。こんなふうに穿くのは邪道だなあ、スラウチのコンセプトをガン無視してるよなあ、と自分でも思うのですよ。でも、体型のせいなのか、年齢のせいなのか、スラウチをスラウチらしく穿こうとしてもうまくいかなかった。
だけど、うまくいかなかったからといって引き下がるには、このジーンズ「良すぎる」のです。
カイハラ社製のしっかりとしたデニムを使用したコットン100%のこのジーンズ、生地の質感が実にいい味出しているんですよ。しかも硬めの生地なのにはきごこちがいい。
だったら、穿き方の工夫で大人が穿くことはできないか。買っちゃったからには絶対使いたいのよ、というケチな根性もありまして、はい、しっかり着用していますとも!!
そこで、あくまでもわたくしの場合ですが、ご参考になればと書いておくことにします。
私は①の特徴は無視。いちばん小さいサイズを購入して腰ばきせずにジャストウエストで穿いています。「だらしなさ」が持ち味なのに、もったいないかなあ、と最初は思ったのですが、このデニム、あえて腰まで落としてゆるい感じで穿くより、ウエストはしっかりマークして穿いた方がスッキリ見えます。
腰周りや腿周りはほどよくゆとりがあり自然に足元に向かって細くなるので、腰から足元へのラインはきれいにでます。
②の特徴ですが、ジャストウエストで穿くと、ウエスト位置が下がらないので、丈は設定よりも短めに。私はさらに裾をロールアップして足首をしっかり見せています。そのほうが抜け感が出て、だらしなくはない、けれども、力の抜けた、大人のカジュアルスタイルになるような気がします。
↓ ウエストインしてウエストマーク&足首見せでスッキリ
↓ 足首見せ+肩見せ。ノースリーブで肌の分量を増やすとおしゃれ度が上がります
↓ 一方、裾をロールアップしないとこんな感じ。もっさりした印象です。
ロールアップして足首を見せ、抜け感を演出することの効果、一目瞭然ですよね。
というわけで、これから購入を考える方がいらしたら、サイズはジャストサイズではなく1サイズ小さめがおすすめ。ジャストサイズだとどうしても腰ばきになってしまいます、体型によっては2サイズ小さめでもいいかもしれません。
丈はジャストウエストで穿き、ロールアップすることを考えると普通の身長の方でも「丈長め」のほうがいいかも。
私は身長153.5cmで21インチの「丈標準」を着用していますが、もしもあと5cm身長が高かったら「丈標準」では短すぎたと思うので。
赤やピンクが苦手ならパープルがおすすめ
今日のトップスはややピンクよりのライトパープル。
明るい色が着たいけれど、ピンクや赤はちょっと、という方に、パープルは断然おすすめの色です。ピンクのような甘甘な感じはないし、赤のように強くもありません。とくに春夏は、いわゆる紫色よりも軽さのある、このトップスのようなライトパープルが使いやすいように思います。
 裾は今日はウエストインせず、アウトしていました。パンツが足元までゆるゆるだったりすると、ウエストインするしかないのですが、このパンツは、ゆったりしていてもテーパードラインで足元に向かって細くなり足首がスッキリ見えているので、アウトしてもいけるように思います。
↓オンラインショップではかなりサイズ欠け色欠けしていますが
UNIQLO

↓ 残念、丈長めはほとんど残っていませんね。ダメージ入りなら少し在庫があります。
UNIQLO

お読みいただきありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら
書籍販売中。当サイトをご紹介いただいています。

インスタグラムはこちらです。
Instagram