セットアップ風のはずが!まさかの手術着見え! アラカンが着るユニクロ19

本日も失敗コーデです。失敗続きですが、ワタクシのリアルコーデって所詮そんなものなのです。実はブログ開設当初は、見栄を張り、失敗コーデは華麗にスルーしていました。なかったことにして更新をお休みしちゃう、という手を使って。
でもでも、私は、◯◯アドバイザーといったファッション関連の資格を持っているわけではないし、アパレル出身でもないし、そもそもセンスに自信があるわけでもない。そんな普通の50代が、リアルコーデのブログを運営しているなら、失敗をさらしてナンボじゃないか、ファッションのプロや本物のおしゃれさんのブログとは用途が違うのであるよ、と思い直し…、もとい、開き直りました。

昨日は、暖かい事務所で終日原稿書き。気分を上げるためにユニクロUの新作コットンストレートパンツと同じくユニクロUのプリーツブラウスを着てみたのです。色はともに、「12ピンク」。

ううう、何ですか、これは。ちょっと前に「セットアップにはしておくが吉」という投稿をしておいてナンですが、同色ならいいというものではないのがよーくわかりました。これ見て思い出すのは――スクラブ!!

どこからどうみてもスクラブ(手術着)やん。トップスをアウトして着るとまさにもう‥。息子(←外科医です)がハハのこの姿を見たら、爆笑ものですよ、これは。話の種に白いクロックスに履き替えて1枚撮っておけばよかったかな。
ユニクロUのコットンストレートパンツは、ラインがきれいで足長に見えるので大のお気に入り。前のシーズンはネイビーとダークブラウンを購入し、どちらも同色のトップスと組み合わせてIラインをつくり愛用しています。(ネイビーはこちら、ダークブラウンはこちら)。なのに、どうして?
色がいけないのかな? それとも足元のせいでしょうか。白っぽいスニーカーやクロックスだとスクラブになってしまうのか。そこで――

cotton straight pants pink

カチッとしたレザーブーツにするとだいぶ違いますね。靴の力は大きいなあ。これにロングカーデとか、ブラウンのレザージャケットとかを羽織ればいけるかもしれません。それでもだめなら、セットアップ風は潔くあきらめて、単品で使うことにします。

なお、この投稿は失敗コーデですが、コットンストレートパンツ自体は、素晴らしい出来だと個人的には思っています。ラインはきれいだし、厚みのある生地の感じもほのかな光沢も好み。でも、人気はイマイチのようですねー。やっぱり、センスないんだな、私(笑)。
ピンクはきれいな色なので売り切れると思って早々に購入しましたが、立ち上がりからの勢い(のなさ)を見て、グレーはセール価格になるまで待ちの体勢(基本的にセコい)であります。

◆トップスユニクロU  プリーツブラウス S 12ピンク
◆パンツ/ユニクロU コットンストレートパンツ 58 12ピンク
◆インナー/ユニクロ ヒートテック極暖を腕まくりして着用(ニット着ているくらいの暖かさです)
◆スニーカー/ ニューバランス 996 (2017年)→この日と同じ
◆ブーツ/ ソフィアコレクション(2017年)→この日と同じ

 

お読みいただきありがとうございます。

こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。

またお立ち寄りいただけたらとってもうれしいです!