「細見え」か?「今の気分」か?コーデ失敗の巻

昨日は、教える系のお仕事。キレイめであればカジュアルでOKなのですが、それでもいちおう「先生」らしい服装をといつも心がけているのに、昨日はやってしまいました。コーデ失敗の巻。
家を出る直前までは、こんな感じだったんですよ。

スピック&スパンのハイウエストチノパンツは、ウエストが58cmなのにヒップが92cmもあり、わたりも33cm(すべて実寸)とひざあたりまでボリュームたっぷり。この手のパンツを私のようなちびっこが攻略するには、上げ底にするしかありません。んで、8cmパンプス+寒いからソックス。授業中、机の間を歩き回りますが、10代から上げ底人生だった私は、高さには慣れているため、8cmパンプスでもまったく問題ありません。
それで、このまま「行ってきまーす」のはずだったのですが、出がけに鏡をのぞいて、んん? なんか「ちょっと前」の感じ? 上げ底にしちゃうとコート丈が短くなるからでしょうか。そのとき、玄関に放置してあったスニーカーが目に入りまして。ええ、履き替えてみましたとも。

あらら、なんか、こっちのほうが断然「今」の感じだわ! と思ってしまった私は、履き替えたまま出発!
スニーカーで快適通勤ですよ。パンプスに慣れているとはいえ、パソコンの入った重たいバッグを抱え、ラッシュアワーの人込みを縫うように歩くには、やっぱりスニーカーがよいなあ。
そして、コートを脱いで学生の前にたち、ハタと気づきました。これって、これまで慎重に避けてきた「どカジュアル」ではないか、と。スニーカーのときは、カジュアルなパンツは絶対はかないと決めていたのに。下は、帰宅後反省を込めて撮った写真。(反省しているわりには、態度がよろしくない。ポケットから 手を出しなさい!)

うーん、これは公園でキュートな孫(いません、妄想)と一緒に遊ぶときの姿ですね。アラカンの「センセイ」が教壇に立つべき姿ではありません。
誰からもとがめられたりはしないのですが、服装が気に入らないときの、1日の長いことといったら。
こういうことに限らず、私の突差の判断はたいてい裏目に出るので、今後自重しようと思いました。
今後、って、いったいおまえ何年生きてんだよ、って話しですが。

◆パンツ/Spick and Spanハイウエストチノパンツ
◆ニット/詳細不明 (2016年頃)
◆ストール/SLOBE IENA(2016年)
◆アウター/STUDIOUS メルトンコクーンチェスターコート→この日やこの日と同じ
◆スニーカー/ニューバランス(2017年)
◆ソックス/PyuPyu SELECT グリッターラメソックス(2017年)
◆パンプス/モードクラッセ(2017年)

ソックスはこれを愛用中。知り合いのスタイリストさんおすすめの品です。合わせやすくてお気に入りです。

お読みいただきありがとうございます。

こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。

またお立ち寄りいただけたらとってもうれしいです!