【ユニクロ誕生感謝祭】買うべきはきちんと見える普通の服

本日は毎年何度か登場するユニクロの定番アイテムを使って色を統一させたセットアップ風のコーデです。

本日はこれでお仕事へ。

◆トップス/ユニクロ (メンズ)エクストラファインメリノタートルネックセーター 16RED XS(2019)
◆スカート/ユニクロ ウールブレンドボリュームスカート 17RED XS(2017)
◆靴/ Creuset ショーツブーツ(昔)
◆羽織り/ディノス  ラムレザージャケット(2017)
◆巻物/ユニクロ カシミヤストール(昔)

プチプラ服でも統一感さえあれば

アウターを脱げば、4年前のAラインのミディ丈フレアスカートに定番のタートルネックセーター。どうってことのない普通の服です。しかもプチプラ。

ええっ? そんなんでお仕事に行っちゃうの? と思う方もいらっしゃるでしょう。はい、わたくし、行っちゃいますわよ!

✔ プチプラ上等であります。安っぽく見えなければそれでよし(^O^)v。

✔ どうってことのない普通の服、これもOK。きちんと見えればそれでよし(^O^)v。

✔ 4年も前の服でも、古臭く見えなければそれでよし(^O^)v

↓決して今風ではありませんが(笑)

でも、統一感があるからかきちんと見えます(よね?)

その理由は

① 上下の色を揃えてワントーンにしたこと

② フレアスカートにタートルネックセーターというオーソドックスなアイテム同士を組みあわせたこと

によるのではないかなー、と勝手に分析しております。実いたって普通、でも、きちんと見える、そんなコーデ。

大人には「きちんと見える普通の服」が必要

「きちんと見える普通の服」

年齢をかさねたわたしたちにとって、一番必要なのはこういう服なのかもしれません。

モードっぽく弾けることもたまにはいいけれど、デイリーなコーディネートは、日常生活の延長線上にあるものがいい。
「おっしゃれー」と後輩女子に言ってもらえなくても、年齢相応のきちんと感がある人でいたほうがいい。

そんなとき、生活の基本パーツみたいに使えるユニクロ服はやっぱり強い味方だなあ、と思います。

スカートは、ユニクロの定番でもあるAラインのフレアスカート。色は17REDやや短めですが、4年前はこのくらいが旬でした。でもまあ、お仕事へ行くことを考えると、このくらいの丈でもいいかなあ。

ニットは、昨年のユニクロ誕生感謝祭でお安く購入したメンズのエクストラファインメリノタートルの16REDです。今季もこの色は販売されています。

わたしはこちらのメンズのニットのXSを何色も愛用中。今年の誕生感謝祭でも何色か買い足しました。

毎年シルエットがアップデートされますが、あまり大きな変化はありません。

定番を着続ける楽しみ!

この16REDは、深みのある落ちついた赤。男女問わず着ることのできるとってもすてきなお色です。

エクストラファインメリノセーターは毎年色展開が変わるので、16REDも年によってクルーネックとして登場したり、Vネックセーターとして現れたり。
その様子を見ながら買い足していけるのも定番を着続ける楽しみでしょうね。

↓2018年の秋のコーデ。クルーネックの半袖レディースを着用。身体にぴったりのジャストサイズのため、今着るとちょっと古くさいので今年は封印しています。

↓2019年のコーデ。フアージレと合わせて。

↓ブラックウォッチ柄のストールとの相性は抜群

↓ 本日はこれ。こうしてみると3年間ほとんど同じ印象で着ていますね。流行関係なしの安定の定番スタイル。

来シーズンもきっと着ていることでしょう。何と組み合わせているのかなー。

スカートはそろそろ買い換えが必要なのですが、今季は扱いなし。来年に期待することとします。

↓エクストラファインメリノについてはこちらにも書きました。

関連記事

まだ終わりません!大掃除&正月準備(>_<)。終日デニムにニットの定番家事スタイルでドタバタ過ごしております。あああ、マジで終わらないかも。◆トップス/ユニクロ(メンズ)エクストラファインメリノセーターVネック 35[…]

REDCARDsynchronicity
お読みいただきありがとうございます。
◆ 2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!
みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

◆ 読者登録は下のタグから。リアルコーデを毎日お届けします!

今日は何着る?workingアラカンのリアルコーデ - にほんブログ村

◆こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら
◆書籍販売中。当サイトを32ページにわたってご紹介!
◆インスタグラムはこちらです。
Instagram

◆コメント大歓迎です!
 入力欄はこの画面の一番下にあります。