2019秋冬はカーブパンツ!! アラカンが着るユニクロ59

2019の秋冬シーズン、パンツのレッグラインはカーブを描いたものが人気になりそうとのことなので、昨年購入のユニクロの“カーブパンツ”を履いてみました。いまいち苦手なラインで以前も(こちらで→★)記事にしています。

ユニクロUワイドパンツカーブライン

◆トップス/ ユニクロ グラフィックT(2017)
◆パンツ/ ユニクロU ワイドパンツ(2017~2018)
◆サンダル/ Bridget Birkin → この日と同じ
カーブパンツをちびっこはどう攻略する?
このパンツは2017~2018年の秋冬に購入したもの。ボンタンみたいなシルエットになじめず放っておいたのを、この春になって引っ張り出しはいてみたのでした。下はその時の着用画像。解説入れてみました。
カーブパンツ解説
ウエストと腰回りまでピタッとしたサイズ感のものさえ選べば、お尻の下のラインは見えないので小尻に見えるし、腿の太いところも大きな膝も隠してくれるというありがたさ。
その一方で、ハリのある生地が横に広がり横幅を強調するため、足が短く、背が低く見える。うーん、ちびっことしてはこれがネックですねー。
秋をまたずに今から!
同じくカーブシルエットのユニクロUのこちらは大人気で、履いている方にしょっちゅう出会います。この秋冬、ユニクロでは、カーブパンツを何パターンも展開するとのこと。
このシルエット、背が高ければ間違いなく素敵でしょう。
一方、私のような低身長だと街を歩いていても、すんごく素敵!という人はあまり見ないような。とくに、ウエスト~腰回りをピタッとさせずにだぼつき気味にはいちゃダメですねー、これ。メリハリをつけないと丸太ん棒みたいに見える。
かくいう私も、この春から何回か、このベージュのパンツを攻略すべくあれこれトライしてみました。
そのとき、裾をローヒールに合わせてカットするかこのまま上げ底で履くか悩みまして。で、結局このパンツは上げ底で行くことに決定。夏はウェッジソールサンダル、秋冬はインヒールのブーツを合わせることにします。
ペタンコだとどうしてもバランスが悪いんですよねー。いや、それはパンツが悪いのではなく、私がバランスの悪い体型だというだけのことなのですが。あとは、目線を上に持ってくるような工夫が必要でしょうか。帽子を被るとか首元にストールを巻くとか。
でもまあ、誰もがはくようになり、自分の目が慣れてきたら、カットしてペタンコ靴に合わせちゃうかもしれないけれど(笑)
それから、この手のカーブパンツはアウターの丈を選びそうです。中途半端な丈のビッグシルエットのアウターだとちょっと難しいような。
そうなると、ただでさえ難ありなわたくしは、上半身をコンパクトにまとめ、ウエストも腰もピタッと細く見せることのできる季節限定かなー、とも思えてきます。
というわけで、アウターなしで着用できる今こそカーブパンツをはくべき、と気づきまして、これからじゃんじゃん活用する所存であります。

お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。

またお立ち寄りいただけたらとってもうれしいです