どう着る?コットンスリットロングワンピ アラカンが着るユニクロ55

ユニクロ誕生感謝祭で、新作(当然セール価格になっていない)の「コットンスリットロングワンピース」をポチってしまいました。購入時にイメージしていたのはこんな着方。

コットンスリットロングワンピをカジュアルに

◆ワンピース/ ユニクロ コットンスリットロングワンピース 68ブルー XS
◆レギンス/ ユニクロ リブレギンス  30ナチュラル XS
◆サンダル/ イタリアンシューメーカーズ エナメルトングサンダル→ この日と同じ
レギンス合わせでカジュアルに着てみた!
白いレギンスにトングサンダルを合わせてみました。白いバッグが合いそうです。
ワンピースの色はネイビーではなくてブルー。深くて、でも暗すぎないとても美しいブルーです。素材感は普通のTシャツですね。強撚コットンのようなドレープ感が出るわけでもなく、超長綿のような光沢があるわけでもなく。でも、色に深みがあるからでしょうか。カジュアルに着崩しても「どカジュアル」な印象にはなりません。
なんでこんなところにポケットをつけたのか?
ただ、わたくし的には大変残念に思ったことがあります。それは、両脇のポケット。なんでこんなところにポケットをつけたのかなあ。
そりゃ便利ですわよ、あれば。でも薄いTシャツ素材、それも体のラインに沿ったデザインのワンピースの、こんなところにポケットをつけたら、もたつくに決まっていますよね。
上の写真でポケットに手を入れているのは、もたつきが気になるからです。拡大するとこんな感じ。
スリットロングワンピのポケット
下にレギンスを履いているからよけいもたつくのだと思います。画像ではコットンリブのレギンスを履いていますが、コットンリブよりも 滑りの良い化繊レギンスのほうがよさそうです。試しにデニムに替えてみたところ、表に響いてしまってとても履けませんでした。
あるいはワンピースを1サイズ上げて、中で体を泳がせるようなサイズ感で着用するとか。でもせっかく細身のデザインなのに、それはやりたくないなあ。
ペチコートをつけてキレイ目に着てみた!
で、レギンスを脱いで、ワンピース1枚で着てみました。キレイ目に。
コットンスリットロングワンピース
◆ワンピース/ユニクロ コットンスリットロングワンピース ブルー
◆サンダル/ Liberty Doll チャンキーヒールストラップサンダル グレー → この日と色違い
◆ネックレス/ Maison de R (おしゃれさんの間で大人気のネットショップMaison de Rが、まだReal Lifeという名前のアクセサリーショップだった頃に購入した古いものです。軽やかで華やかでとても気に入っていて大切にしています)
もたつき解消のため膝までのペチコートをつけています。レギンス合わせでカジュアルに着た方が「今ふう」ですが、ワンピース1枚の方がスッキリ。ポケットのもたつきもレギンスを脱いだらゆとりができたため、目立たなくなりました。
レギンス合わせとワンピ1枚とを横から比べるとこんな感じ。

コットンスリットロングワンピコットンスリットロングワンピ

後ろから見ると「the おしり!」

だがしかし、後ろから見ると、驚愕の違いが!
スリットロングワンピレギンス合わせスリットロングワンピ1枚で着用
ううう、ひどい。何ですか、これは! レギンスにワンピが引っかかって、ヒップのなんと大きく見えること。「the おしり」という感じの存在感であります(°0°) ひえ~、恥ずかしい。
一方、ワンピース1枚で着用したほうは、腰がどこにあるのか判別しづらく、その結果、細くてスッキリ見えます。(ヒールサンダルとペタンコサンダルとのちがいももちろんありますが)
こんなふうに比べてしまうと、ワンピースはやはり1枚で着るべきだわ、と、コンサバな気持ちになってしまいますなー。
でもでも、今はレギンス合わせな気分。なので、実際に着用するときは、コットンリブのレギンスを、薄くてピッタリしたツルツル化繊素材のレギンスに替えることにします。あるいは、レギンスの上にペチコートをつけて、滑りをよくするとか。いずれにしても工夫せずに着てはダメ!ということを思い知らされました。
後ろからの画像をとるようになってからは、びっくりな発見ばかりです(°0°)
とまあ、工夫は必要ですが、このコットンスリットロングワンピ、いろいろ着回せそうだし、1990円ならなかなかなコスパではないでしょうか。ヨレてきたら、ツルツルレギンスと合わせて夏用パジャマorお家着に!
下にリンク張っておきますが、この商品写真、なんだかイカみたい。全然素敵じゃないですねー。
私、これを見てよく買う気になったなあ(笑)、おそらく、このところAラインのワンピースばかり着ていたので、シルエットがまったく違うものが着たかったのだと思います。
イカみたいに見えるのは、袖のせいですが、この袖、脇から中が見える心配がなく、なかなか優秀ですよ。
お色はやはりこのブルーがイチオシ。夏なのでライトグレーの軽さにも引かれましたが、私が着ると部屋着以外には見えそうもないなと考えまして。おそらくブルー以上に下に着用するものを選んだはずなので、淡色は本当のおしゃれさん限定かも。私はブルーにしてよかったと思います。
合わせるものをあれこれ変え、四方八方から写真を撮り、客観的に自分を見て改めて思うのは、このワンピースは私のような体型とは正反対の、肩幅がしっかりあって骨格はがっちり、かつお尻小さめの逆三角形体型に似合うのだなあ、ということです。上半身が薄く、下半身が重い私のような体型の場合は、やはりAラインが手っ取り早くスタイルアップしますねー。
逆に言うと、大人気のユニクロマーセライズコットンAラインワンピースは、上半身に厚みがあったり、バストにボリュームがありすぎたりすると、その方のスタイルの良さを隠してしまうばかりか太く見せるみたい。
とはいえ、似合う似合わないに関わらず、着たくなってしまうのですよねー。んで、攻略するためにあれこれ考えるのもおしゃれの楽しさのひとつ。
てなわけで、体型的には難易度の高いこのワンピース、この夏工夫して着てみたいと思います。
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。
またお立ち寄りいただけたらとってもうれしいです!