【甘トップス大人の攻略法】デニムとビッグトートで甘辛ミックス

キャラに合わない、年に合わない、顔に合わないと家族から散々な言われようの甘ーいスモックタイプのブラウス。誰もいない平日には、こういうの着ちゃうもんね!

タックブラウス

◆ トップス/ディノス タイプライター素材タックブラウス(2017)

ハリがあって艶やかなタイプライター素材

このブラウスは、ディノスで購入して4シーズン目の、家族になんと言われようとお気に入りのアイテム。

✔ ふわっとした幼稚園のスモックみたいなシルエット
✔ 大きく広がったパフスリーブ
✔ ギャザーと大胆なフリルのついた袖口
✔ 衿元にぐるりとあしらわれた大きめタック
とまあ、これでもかというくらい甘甘ブラウスです。
でもこちら、攻略のしかたしだいで大人も攻略可能。
というのは、
✔ スモーキーブルーという華やかだけど落ちついた色
✔ タイプライター素材という超高密度コットン。薄く、軽く、パリッとしたハリと自然な光沢がある上品な素材
チープ感のない大人の着用に堪える素材と大人っぽいお色。だからこそ、家族に蔑まれながらも4シーズンも愛用しているのです。
今日はコレでお仕事行っちゃうと決めたわたくし。
甘すぎるトップスはカジュアルアイテムと組み合わせることで、「甘さ」を引き算していくことにします!
 ホワイトデニム合わせでテイストミックス
甘さを抑えたいので、大好きなマキシスカートや落ち感のあるエレガントワイドパンツはパス。
細身ストレートのホワイトデニムと合わせました。定番のテイストミックスですねー。
◆デニム/ユニクロ ハイライズシガレットジーンズ 21(2017)
◆バッグ/コールハーン PAYSON_TOTE ゴールド
◆サンダル/ノイエマルシェ ゴールドサンダル
小ぶりのバッグだとフェミニンなおしゃれ感が出てしまうので、コールハーンの大きめのゴールドトートをセレクト。甘さが抑えられるうえ、コーデのポイントになりますね。
足元はゴールドのペタンコサンダル。スタイルアップを目指すなら、ヒールサンダルを履くべきなのですが、ペタンコの方がこなれた抜け感が出て大人らしくまとまるような気がして、迷った末こちらに。
これで本日は外仕事へ。
甘甘トップスでも、カジュアルアイテムと合わせれば、いくつになっても着ることはできそうです。
過去の記事を見たら、一年前にこのブラウスを使ったコーデをあげていました。
↓このブラウスを使った1年前の記事。
関連記事

家事と事務所の残務整理に追われた昨日は、お気に入りのデニムred cardとタックのたくさん入った甘めのゆったりブラウスで過ごしました。weekday同様やるべきことに追われてはいても、こういう服装だと気分はリラックス! ああ、だからファッ[…]

red cardとタックブラウス
ブルーデニムと合わせてワンカラーでまとめたカジュアルスタイル。記事ではこれにどんな靴を合わせるか考察しています。ここで登場するアイテムはすべて今も愛用中。この手のトレンドを無視したコーデは息が長いですね。
本日のコーデもたぶん10年後もやっていると思います。
「細身のデニム+ふわっとブラウス」これは永遠の大人女子コーデ。一生楽しんじゃうもんね、家族になんと言われても。
新宿駅に「東西自由通路」開通
19日に開通した新宿駅の「東西自由通路」はじめて通りました。
東口で用事をすませてから、待ち合わせ場所の西口のホテルへ。これまでなら、地下道をチマチマ歩くか、地上に出て甲州街道を歩くかしかなかったのが、なんと東改札から西改札まで1分ちょっとで到着。
長年の「東西分断」解消です。あまりの便利さに感激してしまいました!
道幅25メートルの広い通路。これ、東京オリンピックに間に合わせたかったのでしょうねえ。
構内の複雑さから「迷宮」と呼ばれてきた新宿駅。通っていた大学が新宿から比較的近いところにあるので、サークルの集まりなどで新宿駅周辺で待ち合わせをすることはしょっちゅうでした。
地方出身の新入生が毎年誰かしら迷子になって、集合時間に現れず。携帯電話もなかった時代のこと、手分けして探し回ったことが懐かしいなあー。
これならもう、誰も「迷宮」などと呼ばないでしょうね。
お読みいただきありがとうございます。
◆ 2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!
みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

◆ 読者登録は下のタグから。リアルコーデを毎日お届けします!

今日は何着る?workingアラカンのリアルコーデ - にほんブログ村

◆こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。
◆書籍販売中。当サイトを32ページにわたってご紹介!
◆インスタグラムはこちらです。
Instagram