エアリズムコットンオーバーサイズTとリネンパンツで大人のおうちコーデ

「エアリズムコットンオーバーサイズT」という検索ワードで来てくださる方が多いので、久し振りに着てみました。ワイドパンツと合わせたおうちコーデです。

エアリズムコットンオーバーサイズT

◆トップス/ユニクロU<メンズ>エアリズムコットンオーバーサイズT
ブラウン XS
◆パンツ/ユニクロ ベルテッドリネンコットンワイドパンツ イエロー XS(2018)
◆バッグ/サンアルシデ ベビーバッグ
◆サンダル/詳細不明 (大昔)
 それにしても、わたし、どれだけ茶色が好きなんだー。今日で4日連続茶系コーデです。まあ茶色って、黄色とも青ともグリーンとも赤とも相性がよいので、合わせやすいということもありますね。
表コットン裏エアリズムの真価
で、エアリズムコットンは白とブラウンを持っているのですが、やっぱりブラウンを手にとってしまいました。
 表がコットン、裏がエアリズムというダブルフェイス仕様のこの素材、肌に触れる部分はエアリズムのサラサラ感があってここちよく、表面は艶のあるきれいなコットン。狙っているところは、いいと思うんですよねー。
だって、エアリズムは汗をかいてもサラリとすぐ乾く快適素材だけれど、あのテロテロした質感はやはり下着だもの。表だけコットンにするってナイスアイデアだと思います。
 もうひとついいところがあります。ダブルフェイス仕様のためTシャツにしては厚地でハリがあること、肉感を拾わず、ドレープはキレイに出ます。メンズアイテムですが、大人の女性が選ぶTシャツとしてはアリ!
↓ 袖のあたりのハリがわかっていただけるかな。くたっと腕にはりつかないのは、もちろんデザインもあるけどダブルフェイス仕様だからではないかと。
エアリズムコットンオーバーサイズT
洗濯してみた!
前回着用してから1度お洗濯をしました。
Tシャツで一番気になるのは、洗うことで襟ぐりがどうなるか。
オンラインショップのコメントを見ると、「洗濯したら襟ぐりが伸びた」「首周りがヨレた」「首元のヨレがひどい」等々マイナス評価が。
というか、高評価ばかりのなかでマイナスコメントは、この首周りのヨレについてだけ。つまり、これが唯一の欠点なのかも。
こんなコメントを読んでしまうと、洗濯機に投げ込むことには抵抗を感じちゃいますねー。だって、1度の洗濯でパジャマに格下げというコースは辿りたくないじゃないですか。
そもそも、このオーバーサイズTシャツは、首の詰まったクルーネックであるところが魅力なのに、それを1度の洗濯で台無しにしたくはないなあ。
 それで、お洗濯はネットにいれて、弱水流の手洗いモードにしました。脱水はごく軽めに、乾燥機は当然NG。襟ぐりを伸ばさないようにハンガーにはかけず、ネットの上に広げて干しました。まったく、シルクのような扱いであります。ホントに手のかかる子だわ、Tシャツのくせに。
↓ 上記のような洗濯により、首回りは無事でした\(^o^)/
でもねー、いちいちやってられっかー感は半端なかったですね。プチプラアイテムは、雑に扱っても大丈夫であるべし、と勝手に思っているのだな、わたしは。
なので、あと数回はデリケート洗いをして、どこかで「えいっ」と普通に洗ってしまうことになりそうです。きっとヨレちゃうんだろうな。
理想のオーバーサイズT
一方で、このTシャツ、オーバーサイズTとしては理想的だと思います。
前の記事にも書きましたが、大人の女性がTシャツを1枚で着たいとき選ぶべきはオーバーサイズTだと思うのですよ。厚みを増してきた背中や、緩んできた二の腕、丸くなってきた肩先のラインなど、ぜーんぶ隠してくれますからね。
このエアリズムコットンオーバーサイズTは
美しい素材感
旬のシルエット
カラダの欠点を隠してくれるデザイン
手頃な価格帯 
4拍子揃っています。であるからこそ、洗濯耐性の低さが残念すぎますねー。
来年は改良してくれないかなー。素材としてはエアリズムコットン、すばらしいと思うので。
↓前回のエアリズムコットンオーバーサイズTの記事はこちら
関連記事

以前から、大人が1枚で着られるオーバーサイズの半袖Tシャツを購入するつもりで探し歩いていたわたくし。あれこれ試して決めたのは、やはりユニクロUのメンズでした。新作のエアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(五分袖)。◆トップス/[…]

エアリズムコットンオーバーサイズT

コットンリネンパンツのシワ問題

ボトムはユニクロのベルテッドリネンコットンワイドパンツ。
リネンコットンワイドパンツ
毎年大人気のパンツで、おしゃれブロガーさん絶賛の一品なのですが、私はダメでした。着用しているのは2018年のもの。2019も今年も結局購入を見合わせてしまいました。
形はキレイなんですけどねー、シワがひどいのです。
いえ、コットンとの混紡なので、シワはリネン100%より寄りにくいと思います。でも、シワにならないわけではありません。そして、できたシワはリネン100%の味のあるシワではなく、だらしのないヘンなしわなの。とてもじゃないけれど仕事にははけません。
↓ 昨年の画像ですが、一日仕事をするとこの状態。
リネンのシワが着になる
本体にシワが相当寄っているというのに、着ているものがシワシワじゃ目も当てられません。「シワも味わいのうち」で片付けるにはちょっとねー。
毎年、デザインはアップデートされているようですが、シワは改善されていないみたい。着ている人をみつけると、それとなく観察している(感じ悪ッ)限りでは、変わっていないようです。
形が好きなだけに残念。なので、このパンツはもっぱらおうちでリラックスするとき専用にしています。
サラサラした素材感が心地良く、おうちコーデには最高の一本です。
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら
書籍販売中。当サイトをご紹介いただいています。

インスタグラム始めました。
Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ