加齢もまた楽しからずや!

書いていたインタビュー原稿に入れ込んでしまい、ふと顔をあげて時計を見てガーン。出発予定時間が目の前に迫っているではないか! という状況で昨日選んだのはいつものPLSTのセットアップ。これしょっちゅう着ていますね。変わり栄えしなくてすみませんです。

ネイビーセットアップにイエローカーデ

◆トップス/PLST 2WAYストレッチブラウス S(2017)→ この日と色違い
◆パンツ/PLST 2WAYストレッチテパードパンツ XXS(2017)→この日と同じ、この日と色違い
◆カーディガン/フラジール (大昔)
◆靴/ NOUBEL VOUG Relax ポインデットパンプス

ネイビーセットアップに何を足すか?

昨日もインタビュー仕事でした。

私の仕事については、こちらに少し書きました。

関連記事

昨日は、某所を訪問してのインタビューの仕事。一昨日の反省ふまえ、丸くなった背中を隠すジャケット着用も考えました。ただ、この日は、リラックスした話しやすい雰囲気をつくりたかったので、ジャケットはとりやめることに。黒のキレイめストレートパン[…]

お相手は初対面の方なので、「きちんと見え」これは絶対条件。かつ「話のしやすい雰囲気を醸し出すこと」加えて「動きやすいこと」。んでもって、「コーデに頭を使う時間も余裕もなし」、しかも天気は「雨模様」。この状況で選ばれる服こそ、真の「使える服」と言えそうです。
とはいえネイビーのセットアップは、わたくしのような年季の入った肌の持ち主がそのまま着ると、どうしたって沈んでしまい(>_<)、きちんとはしてるけど地味で無難で落ちつきすぎてしまうのですね。なので、派手色のアイテムか大きめアクセサリーなどの力を借りることになります。仕事のときは、アクセサリーで盛るのは避けてもっぱら色に頼ります。

「あり」か「なし」かを決めるのは

昨日は大慌てでセットアップを身につけながら、なぜか黄色が着たくなっている自分に気づき「黄色セット」にすることに。靴と羽織りものあるいはベルトの組み合わせをある程度決めておくと、コーデに迷いがなくなって時短になります。ただ、一歩間違えるとやり過ぎになるのでさじ加減が難しいのですよねー。昨日は時間がなかったこともあり、ちゃちゃっと身につけてしまいましたが、こういう目立つ色のサンドイッチって、見方によっては「やりすぎ」。
この画像を見て、「わたし、こういうの、無理~」という方、きっとかなりいらっしゃるかと思います。
自分でも不思議なのですが、まったく同じコーデでも、「やり過ぎ」と感じる日と「まあ、これもありかな」と感じる日があるんですよねー。たぶん、その日のスケジュール(誰に会うのか、どこへ行くのか)などと瞬時に照らし合わせて、私のなかの何かが反応しているのでしょう。
ということからすれば、昨日はインタビュイーが、柔軟な発想の持ち主として有名な方であったこと、同席する方の雰囲気、服装などなどから、自分に「GO」を出したのかな。
あるいは、自分の体調とかなにか別の要素に左右されるのかもしれません。昨日は家を出る直前まで、まったく別の、それもかなり重いテーマの原稿にどっぷりつかっていたわけで、私の中に「思い切り気分を変えたい気持ち」があったことは確かです。服装を変えるのってモードチェンジの最たるものなので、「黄色が着たい」と思った時点で振れ幅の大きさを求めていたのかも。であったとすれば、「やりすぎ」上等!ということになりますよね。なんだ、単なる自分勝手、ひとつも周囲のことを考えていないじゃないか! どちらかというと、これがわたくしの本性なのかもしれません。

ネイビーセットアップに黄色セット赤いくつ赤い傘

昨日の黄色セットと、10日前の赤セット。全然違った感じになるから「色」は楽しいのですよねー。ネイビーをポンと着ただけでは「持たない」ことに気づいて久しいのですが、いろいろ工夫する楽しみが増えたから、よかった、ということにしておきたいと思います。加齢もまた楽しからずや!

お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら

2つのブログランキングに参加しています。
「読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。


にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ