70代になったらトラッド風味の大人カジュアルで

trad

今日は、ちょっとトラッド風のスタイルで、先週取りこぼした事務所仕事をしたり家事を片付けたりの一日でした。

タートルドルマンニットとチェックパンツ

ガチなトラッドじゃなくて、トラッド風味がちょっときいているくらいのカジュアルスタイルが好き。今は、その日の気分でどんなファッションにでも手を出し、首を突っ込み、足を出し、な私ですが、ゆくゆくはトラッド風味のカジュアルあたりにマイスタイルを着地させたい、そう70代になる頃までには、と思っています。
いえ、実は迫力マダムには憧れるんですよ。でもでも、ワタクシは小柄・痩せ型・劣化した童顔でして、このリソースを少しでも有効活用しようと願うのであれば、潔く迫力マダム路線はあきらめるべきだろう、と思うわけです。

で、インスタやPinterestでよく見る画像ですが、理想はこんなイメージ。素敵❤。今のままではどうしたって近づけそうもありませんが、十数年かけて楽しみつつ精進していこうという所存であります(笑)

サイトタイトルにも「アラカン」の言葉があるように私は50代後半。気の遠くなるほど遠くに見えていた60代が、あれよあれよという間にすぐ手の届くところまで来ちゃったことに驚きつつも、今なーんとなく思うのは、60代へは「案外このままいけちゃうんじゃないの?」ということです。
ファッションにしても生活スタイルにしても、もちろん仕事や毎日の暮らしも含めて。
跳び越えなきゃいけない深い谷があるわけではなく、あちこち衰えたり、劣化したり、滞ったり、落としたり,失ったりしながらも、今の延長線上にゆらゆらとつながって60代が降りてくる感じ。
まあ、40代になるときも、50代になるときも、そんな感じだったし、つまりは、年齢をかさねるってそういうことなんだろうなとは思うんですけど。

ただ、70代の自分を思い浮かべると、「このままいけちゃう」とは思えないし、「このままいきたい」とも思わない。
仕事は今のペースではやっていないだろうから、時間の使い方や生活スタイルは大きく変わっているでしょう。体力も体格も今とはきっと異なるものを抱えているはず。そして、だからこそ、ファッションについてはちょっと意識的に変えていきたいなと思います。さてさて、私がどんなところに着地するのか。それを探ることもブログを綴る楽しみのひとつにしていきたいなー、なあんて。

◆ニット/titivate タートルドルマンニット→ほかのコーデ画像はこちら
◆パンツ/ 大昔購入したもの
◆靴 /Hashash  プチプラのツートンローファー

 

お読みいただきありがとうございます。

こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら

またお立ち寄りいただけたらとってもうれしいです!

trad
最新情報をご案内します!