再びスラウチジーンズ。大人らしくキレイ目にはくにはどうする?

夏のような1日。トップスはノースリーブ、そしてボトムは前回玉砕したユニクロのスラウチテーパードアンクルジーンズ

スラウチテパードアンクルジーンズ

◆トップス/ Pierrot ノースリーブリブニット グリーン M
◆パンツ/ユニクロ スラウチテーパードアンクルジーンズ オフホワイト 21
◆サンダル/ gaimo ガーネット
◆バッグ/ケニアで購入(大昔)
スラウチの「気分」を生かすこと
再入荷を2カ月も待ったスラウチジーンズ。先日、届くなりワクワクしながらはいたのにぜーんぜん似合わなかったわたくし。
似合わないだけならともかく、あろうことか、実物よりも脚は短く、背は低く、身体は太めに見え、コーディネートそのものも面白みがなく、なんであえて「スラウチ」をはくのか? と疑問ばかりが残るコーデとなってしまったのでした。
↓ その顛末はこちらに
関連記事

巣ごもり仕事服、リラックス感あふれるスラウチテパードアンクルジーンズをきちんとお仕事っぽく! がコンセプトだったのですがどうやら失敗した模様。コンセプトに無理があったか?あるいは、わたくしの体型が残念すぎたのか? それともその両方だった[…]

スラウチテーパードアンクルジーンズ
 前回の失敗の理由は、1にも2にも、もともと「スラウチジーンズ」の持っている自由で開放的な気分を無視したことにあると思います。
 スラウチ(slouch)とは英語で「無精な」とか「だらしない」という意味。スラウチパンツとは肩の力抜いてリラックスしてはけるパンツといったニュアンスで使われています。
 ユニクロのスラウチテーパードアンクルジーンズは、脚のラインを拾わないリラックスフィット。腰を落とし気味にカジュアルにはけばよかったのでしょう。
でも、大人世代がそれをやっちゃうとねー。ルーズに腰ばきをして「無精な」「だらしのない」雰囲気でOKだとはとうてい思えなかった、それできちんとキレイにまとめようとしてしまった。はい、これが敗因です。結果、スラウチらしさを無視した中途半端なコーデになってしまいました。
↓ これです。失敗コーデ。
スラウチジーンズ
スラウチジーンズの持っている「気分」のようなものをガン無視し、「普通の白いパンツ」としてはいてしまっていますねー。
敗因を分解して見ると‥‥
◎きれいめのネイビーのシャツできちんと見えを狙っているけれど、中途半端
◎きちんとというよりスポーティーになってしまった
◎ウエストも足首も隠しているため抜け感なし
フェミニン要素がゼロ
◎アウトしたトップスから、ゆったりシルエットのパンツが続くため、胴長・短足・太めに見える
これじゃ、失敗するに決まってますな(笑)
それで、上記に並べた敗因を踏まえて本日はこのような感じに。
スラウチテーパードアンクルジーンズ
本日は、スラウチの「リラックス感」を生かした休日コーデに。25年くらい前にケニアで買ったかごバッグ、そして、かごバッグの1色を拾った赤いサンダル。小物でリラックス感を醸し出す作戦です。
とはいえ、大人としては「きちんとキレイ目」は外せません。なので、トップスはTシャツではなく、ノースリーブのキレイ目リブニット。肩から腕にかけて肌が見えるとフェミニンな感じになりますよね。
グリーンのトップスを選んだのは、かごバッグとリンクさせるため。色数を3色までに抑えることできちんと感をキープ
ジーンズは、はき方を変えました。腰ばきせずウエスト位置高めでトップスをタックイン。パンツのシルエットはゆるっとしていますが、ウエストマークをすることで全体にメリハリがついて細見えします。
さらに、裾はロールアップして足首がしっかり見える長さに。これで一気に軽やかに。
↓ ユニクロのサイトを見ると、モデルさんたち誰1人としてロールアップしていないんですよねー。
丈の設定の短さ(「丈標準」タイプの股下は全サイズ64cm)を考えても、これはロールアップせず、腰ばきすることを前提にデザインはされているのでしょう。
まあ、今回はそのコンセプトを無視してしまったわけですが、十分すぎるほど大人になってしまったわたくしがスラウチをはきこなすには、このくらいのことやらないとムーリーだったわけでして(>_<)。
年齢を重ねるってホントに大変だわっ。
 あ、それから、私は「丈標準」をはいていますが、私のようなちびっこではなく普通に身長のある方は、「丈長め」(股下70cm)をおすすめします。普通の脚の長さの方がロールアップしたら間違いなく「つんつるてん」になりますゆえ。
アクセントカラーの効用
↓ 色合わせはメインカラーの白にグリーンを合わせてアクセントカラーに赤を使いました。

上に書いたように、かごバッグの色合いからスタートした色合わせです。赤いサンダルとバッグの赤が効いていますよね。
ここでたとえば、バッグがブラウンのかごバッグだったりすると、赤いサンダルが浮いてしまったんじゃないかなと思います。

↓ バッグを持たず、サンダルをブラウンに変えると。フツーな感じ。

うーん、無難にまとまってるけど、どこを見たらいいのかわからない感じ。アクセントカラーをどこかに効かせたい気がします。
あるいは、色は増やさずにブラウンのカゴバッグを手に持つ。こうすればコーデが「持つ」ようになるんじゃないかなあ。
実は、私が着画像でお出かけをしない日なのに、バッグやストールを手にしているときは、洋服だけでは「ん?なんか物足りない」と感じたときなのです。

まあねえ、着ている人が若くてピチピチのお肌をしているとか、メリハリボディの持ち主であるとかするならば、こんな小細工はまったくもって不要であります。

健康的な腕がニットからのぞくだけで、即コーデ完成!
ニットの下にメリハリボディが感じられれば、即コーデ完成!

でも、そんなものを持ち合わせていないわたくし。
以前は持っていたかもしれないけれど、いつの間にか失ってしまったわたくし。

こうなると、小物づかいと色合わせに頼って「持たせる」しかありません!

年齢を重ねるってホントに大変だわっ。

↓ トップスのリブニットはPierrotの大人気商品。私も数年前から買い足して、現在3色愛用しています。

1690円というプチプラですが、質感もよく、発色も美しく、なにより形がきれいなのでヘビロテ中。こんなお値段でここまで使えるニットは珍しいです。

↓ 赤はこんな感じ。美しいクリアなレッド。発色は抜群です。

今季は赤も緑も扱いがありませんが、今年らしい新色が揃っています。サイトはりつけておきますねー。私も新色のどれかを購入予定です。

ユニクロスラウチテパードアンクルパンツはこちら

UNIQLO

お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら
書籍販売中。当サイトをご紹介いただいています。

インスタグラム始めました。
Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ