今季UNIQLOのベストバイニットでクリスマスコーデ

クリスマスイブなので、白、赤、緑、ゴールドのクリスマス配色で学校へ。

クリスマス配色

◆トップス/UNIQLO スフレヤーンモックネックセーター オフホワイト S
◆スカート/ローリーズファーム コーデュロイタイトミディスカート 赤 
◆巻物/カシミヤストール ドレスゴードン柄
◆靴/サルース チャンキーヒールサイドゴアショートブーツ
◆バッグ/セルビッジ
今季のユニクロのベストバイ
着ているニットはユニクロのスフレヤーンモックネックセーター。これ、わたくし的には、今季のユニクロアイテムのベストバイです。
何の変哲もないニットだし、購入したときも「これ、いい!」と感動したわけではありません。でも、振り返れば、今季購入品で登場回数最多のヘビロテアイテムに。
スフレヤーンモックネックセーター。

もともと白のハイネックニットというのは、秋冬の基本アイテム。登場回数が多いのは普通のことです。でも、白のハイネックって、どなたもそうでしょうが、わたくしも何枚も持っているんですよ、なのに、今季はこればかり。

その理由は、
① ゆとりあるサイズ感だけれどビッグシルエットすぎない
② ドロップショルダーだけど肩が極端に落ちていない
③ ネックが高すぎず細すぎず 
特長を並べて見ると、すべて「~過ぎない」ということがわかります。流行は押さえているのだけれど、やりすぎになっていない。そのため、ビッグシルエットすぎてアウターが制限されたり、ドロップショルダー過ぎて、仕事着には不適だったりということがありません。ネックもそうです。深々とネックに顔を埋めて着るおしゃれニットではなく、首元に暖かさを感じながら仕事や家事をするためにニット。
と考えれば、ヘビロテは当然ですね。
ほかにも、ちくちくしない、毛玉になりにくい、ほどよい厚み、など毎日の基本アイテムとしての必要な条件はすべて備えています!
色の力で「クリスマス」気分に
何にでも合うニットですが、今日はクリスマスイブ。毎年恒例のクリスマス配色コーデを、このニットを軸に組み立てました。
クリスマス配色で
真っ赤なスカートに、グリーンのカシミヤストール。ニットとブーツを白にして、バッグとアクセサリーはゴールド。
こういうこだわり、誰も気づかないだろうなあ、と思っていたら、エレベーターに乗り合わせた学生たちに、「メリークリスマス!」と口々に言われました。
わかってくれたのかなあ、それとも彼らはクリスマスイブには、ああいう挨拶を交わすのが普通なのかなあ。
授業のあと、予定のある学生が多かったのか、なんとなく華やいだクリスマスイブの教室でした。
↓ ストールをはずしてしまうと、「緑」が欠けてクリスマス配色ではなくなってしまうので、授業中はずっとストールを巻き巻き。
↓ アウターは白いダウンベスト。下に極暖ヒートテック着用のためダウンベストでも防寒は大丈夫でした。
それでは、みなさま、素敵なクリスマスイブを!
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。
インスタグラム始めました。
Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ