大人のキレイ色攻略法!冒険するならボトムで。

 ※2020/01/18 画像・解説追加しました。

読者の方から、メールをいただきました。「きれいな色を着てみたいけれど、勇気がなくていつもネイビーやグレーなどの基本色ばかり買ってしまいます」とのこと。そして、派手色好きのわたくしのコーデは、「やってみたいけれどできそうにない」と。
できない、やらない‥‥ああ、それはあまりにもったいない。なぜなら、キレイ色はそれだけでインパクトがあるので、コーディネートそのものがすごく簡単になるから。そして、着るだけで気持ちを明るく元気にしてくれるから。
そこで、本日は派手色スカートをはいてみました。

グレーニットにマスタードイエローのスカート

◆トップス/titivate タートルドルマンニット
◆スカート/スピック&スパン ポケットビーバータイトスカート マスタード 34
◆靴/ディセットディセット グレー
キレイ色ならワンツーコーデでも持つ
 このコーデ、スカートの色だけに頼ったコーデです。基本色だったら何か一手間加えたくなったと思うのですが、インパクトスカートなので色数を増やさすずニットとブーツを同色にしてまとめました。
↓ 黒いロングブーツをお持ちの方が多いと思うので黒バージョン。こんなパキッとしたメリハリコーデが、黄色の強さで簡単にできます。ファー小物なしでも色が強いので大丈夫ですよ。
タイトスカートをロングブーツで
こんなふうに簡単にコーデをまとめられるのは、キレイ色ならでは。
キレイ色はまずボトムに取り入れてみる
 メールをくださった読者の方のように、「勇気がなくて挑戦できない」という方、きっと少なくないのでしょうね。でも、おしゃれを簡単に楽しくするキレイ色に手を出さないという手はないです。色の効果に日々頼り切っているわたくしが言うのですから、間違いなし!!
ただ、基本色ばかりを着ている方にとって、ハードルが高いのは確か。そこで、おすすめしたいのは、キレイ色をボトムに持ってくること。ボトムであれば、顔から遠い位置になるので「似合わない」「顔に合わない」ということがなくなります。
それに、ぼんやりとした色のボトムよりも、ずっとスタイルアップして見えます。インパクトカラーには目くらまし効果があるから、おそらく色に気をとられてしまい下半身の欠点が目立てないのではないでしょうか。(持論)
過去のコーデから、ボトムにキレイ色を着ている画像を拾ってみると‥‥
 クリスマス配色で リネンブレンドスティックパンツ スピック&スパン コンパクトチノベイカー
 ボトムにキレイ色を使いトップスは基本色。上の画像で使っているテクニックはただそれだけです。ボトムの色がネイビーやグレーだったらこうはいかず、チェックのストールをするとか何か羽織るとか、一工夫する必要があったはず。
 羽織もので色の分量を減らすという手も!
 それでも、ちょっと抵抗があるなあ、という方、いらっしゃいますよね。そんなときは、羽織り物で分量を調節するという手も。カラーの分量を減らすと、その色が返って引き立っておしゃれ度がアップするケースも。たとえば‥‥
↓ 真っ赤なスカートに昨年人気だった茶色のユニクロロングリブカーデ。赤の分量が少ないので派手な感じはしませんよね。チラチラ見えるスカートの赤がこのコーデの決め手になっています。
メリノブレンドリブロングカーディガンコーデ
 上の画像はロングカーデですが、冬場なら必ずアウターを着ますよね。実は冬場はアウターで色の分量調節が簡単にできるので,キレイ色には挑戦しやすい時期なのです。
ベージュやグレーのコートの下に明るい色が見え隠れするのってとても素敵だと思います。
キレイ色で「おっさん見え」アイテムが蘇るかも
 分量調整に続いてもうひとつ。キレイ色の効果があります。それは購入してしまったものの、何となく着こなせなかったアウターや羽織り物を蘇らせる力があるということ。分量がわずかでもほかのアイテムの印象を変えてしまうほどの力を、カラーボトムは持っているのですよ~♪
↓ 再び本日着用の黄色いスカートに戻りまして。アウターを着るとこんな感じ。
 1枚目が本日着用のダークネイビーのモッズコート、2枚目が以前着たカーキのマウンテンパーカー。どちらもヘタに着ると「おっさん見え」してしまうアイテムですが、スカートのインパクトのおかげで「おっさん見え」を回避していると思いませんか?
要は、基本色のアウターなら何を羽織ってもサマになる。これがインパクトカラーの力なのです。購入してしまったけれどどうにも着こなせない「おっさん見え」アイテムや、色が暗すぎるアウターをお持ちの奥さま、インパクトカラーのボトムを1枚クローゼットにお迎えすることで、使えなかったアウターが生かせるかもしれませんわよ!
「ちょっと派手すぎるかしら」と躊躇されているみなさんの少しは参考になったかなあ。
私は何色でも着ちゃいますが、「赤」でも「青」でも「黄色」でも、好きな色を一色、自分のインパクトカラーとして持っておくと、コーディネートの幅が広がって楽しくなると思います。
ぜひとも、この冬、カラーボトムに挑戦してくださいね!
お読みいただきありがとうございます。
こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら。
インスタグラム始めました。

Instagram

2つのブログランキングに参加しています。
「今日も読んだよ」の代わりに、下の2つのタグをポチポチっと押していただけたら、とってもうれしいです!みなさんの応援が毎日更新の励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ