今年の卒業セレモニー、何を着る?

昨日は、卒業セレモニーに「先生」として参列しました。学生は正装、女性の先生は和装の方が多めなのですが、私は毎年手持ちのワンピースかスーツをアレンジして着るようにしています。
セレモニーと言っても、勤務の一貫であり諸々の先生業務で動き回ることになります。加えて(こちらが肝心)、例年セレモニーの後は学生たちとの打ち上げに遅くまでつきあうことになるので、動きやすく気張らずに着られる服であることが必須条件。で、昨日はこれを着ました。

スタイルデリの「LUXEクラッシーレースワンピース」。これ、びっくりするほどお安いのですが、よくあるプチプラブランドのレースとはまったく違う。素材こそポリエステルですが、美しくて繊細なレースが全身に施されていてきちんと見えます。画像からはわかりませんが、腕はレースの模様が透けて見えて華やかさも。ストレッチが効いていて着心地もよし!
ただ、質感は悪くないけれどもポリはポリですし、コスパ抜群とはいえアンダー1万円なりの部分がないわけではなく、30~40代ならともかく、私と同世代の方は着て行く場所は選ぶかもしれません。が、昨日のようなシチュエーションにはまさに打って付けの服と言えると思います。

実は、「ちょっと華やかさをプラスしたい」+「50を過ぎたら顔周りに白っぽいものをつける」の法則により、バロックパールのロングネックレスをつけてみたのですが‥‥。

ああ、これはダメ。2年位前までならOKだったロングネックレス。なのに今年は古い感じが否めません。一瞬で却下となり、セレモニー中檀上に上るときだけコサージュをつけてしのぎました。
肌寒かったので(打ち上げで夜遅くなるし)、白に限りなく近いアイスブルーのカシミヤストールを持っていきました。カシミヤは艶があるため、華やかさが増しますよね、しかもこの色は、カジュアルだけでなくこういう場でも使えるのでとっても便利です。

◆ワンピース/ スタイルデリ luxeクラッシーレースワンピース
◆ストール/ ディノス カシミヤ100% モッサ仕上げ 大判ストール アイスグレー→ この日と同じ
◆ストッキング/イタリア製の着圧ストッキング履いています。むくみが気になるので。銘柄わからなくなってしまいました。
◆靴/ モードクラッセ ダークシルバーパンプス

昨夜は、三次会までつきあい、最後はカラオケで熱唱、そして、一人ひとりとハグしてお別れ(>_<)。一人ひとりの心のこもった「ありがとう」の言葉に、私は毎年泣かされてしまう。「ありがとう」と言いたいのはこっちのほうだよ。

新しい世界に踏み出す頼もしくてまぶしい姿と、夢や希望と同じくらい不安と焦燥に満ちていた教室でのこの1年間を思い出し、ちょっと寂しい祭りの後。
私も、そろそろ次の仕事を片付けなくては。

お読みいただきありがとうございます。

こんなブログを毎日書いているワタクシの自己紹介はこちら

またお立ち寄りいただけたらとってもうれしいです!

最新情報をご案内します!